外国人重視のシンガポールカジノとリサーチの勝利



信頼できるカジノ仲間たちから教えてもらった数々のオンラインカジノの中からミスターS自身もプレイして、全く問題なく出金までできたオススメできる優良サイトばかりを厳選しました。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるカジノばかりです。

 ミスターSが実際に出金できた優良オンラインカジノ一覧を見る ≪こちらを今すぐクリック≫







シンガポールのカジノは二つの側面があります。

1つは観光客誘致の大看板です。

もう1つは政府要人の「我々はギャンブルを決してノーマルな存在、ファッショナブルな存在、名誉の称号にはしない。今後もこれまで同様、カジノを悪徳と位置付ける」という発言です。

 

相反する2つの側面をミックスし、観光収入の増加と、国内治安確保の2兎を追えました。

カジノの成功要因はいくつかあります。

 

 

カジノ建設や企画は海外資本に任せました。

つまり、自国の資本ではなく外部の助けを借りたのです。

マリーナベイ・サンズはラスベガスです。

セントーサはマレーシアです。

 

 

餅屋は餅屋ですが、共にリゾートのプロです。

比較的近くにあるマカオに負けないものを作るためには、餅屋の助けが必要だったのです。

 

 

シンガポール政府としては、税収が入り、観光客が増えれば問題はないのです。

日本も今後カジノを作っていくでしょうが、このような割り切りは必要でしょうね。

任せられた海外資本は二つの回答を出しました。

マリーナベイ・サンズは、都市型リゾートを追求したのです。

 

ご存知の通り、見ただけでインパクトがある建物は話題性抜群です。

そして、屋上のプールや展望台も行ってみたいと思わせるに十分です。

 

 

肝心なカジノは、ハイローラー向けの3階4階は別として、一般客用は分煙です。

1階は喫煙、2回は禁煙です。

 

 

禁煙フロアは家族連れでも「気軽に入れる」ことを意識しています。

最近は、パチンコ屋も禁煙ブースがありますよね。

 

そして、外国人用と現地人用では入り口が別です。パスポートを持つ外国人は入場料がありません。

シンガホールの人は入場料が必要なのです。

現地の人を制限することで、生活破綻するような人を少なくしようとしたのです。

 

 

 

つまり、外国人優遇の決断を下したわけです。

シンガポールとマカオを比べるとはっきり違いが分かります。

シンガポールは洗練されていますが、マカオは場末のパチンコ屋みたいなのです。

最近、マカオのカジノがいくつか閉鎖したそうです。

みんなシンガポールに行っちゃったんですね。

 





日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。臨場感あるライブカジノだけでもすでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して選びました。

 ミスターSお勧めのオンラインカジノ一覧を見る




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください