カジノで更に上向いた観光立国シンガポール


シンガポールは、今やカジノ目当ての観光客ばかりのイメージがあります。

しかし、昔からシンガポールが好きで何度も訪れているリピーターも少なくありません。

カジノ導入前から、シンガポールは、観光立国として頑張っていました。

昔は、農村だった「オーチャード」を今のように大商業街に変えてしまったのです。

 

でも、無機質な街にするのではなく、昔ながらの道を生かしており雰囲気があります。

直線の道は車が走るのには都合がいいですが、昔ながらの曲がりくねった道も捨てがたいのです。

彼女はシンガポールに到着して、荷物を部屋に入れるとオーチャードに行きたがります。

 

 

私は、すぐにでもカジノに行きたいのですが、オーチャードが先です。

食事をしてから、彼女はおびただしい買い物をします。

 

友達に買い物を頼まれているようです。

そして、その荷物をタクシーに詰め込んでマリーナベイサンズに戻るのです。

 

カジノばかりではない私のシンガポールです。

最近は、マリーナベイサンズが有名になり、海沿いの地域にスポットが当たりがちです。

 

でも、内陸部のオーチャード辺りも捨てがたいんですよ。

私は泊まりませんが、フォーシーズンなどのいいホテルがいっぱいあります。

 

カジノに用がなければ、こちらの方がいいかもしれません。

また、セントーサ島もカジノ導入前からリゾート地として人気がありました。

 

ここは人工の島ですが、海水浴場にもなっています。

観光客だけでなく、シンガポールの方もいらっしゃるんですよ。

 

 

他にも、動物園の夜間営業をしたりしています。

今では日本でもやっていますが、昔はシンガポールくらいだったらしいです。

 

カジノ導入前でも、こんな感じで観光立国として十分だったのです。

でも、カジノ導入によって更に上向いたのがシンガポールです。

 

日本でも、カジノ導入を検討しているようです。

どこに設置するかはわかりませんが、ぜひ実現していただきたいものです。

私もぜひ日本のカジノでプレイしてみたいものです。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください