マリーナベイサンズのPAIZA(パイザ)条件


マリーナベイサンズを定宿として、かつカジノ目的ならPAIZA(パイザ)会員がおススメです。

会員になるにはかなり難しい条件があるのだろうとか思われがちです。

でも、大したことはありません。

 

 

PAIZA(パイザ)はマリーナベイサンズで口座を作って5万シンガポールドルを預ければいいのです。

遊び始めれば、掛け金も多くなるので会員ランクを上げることは簡単です。

 

でも、最初は1階や2階の混雑したフロアでのプレイが必要になります。

そんな面倒なことはしたくないと思いませんか?

 

5万ドル程度預けるだけでPAIZA(パイザ)会員になれるのなら安いものです。

PAIZA(パイザ)会員になると何かと便利です。

 

マリーナベイサンズに泊まっているなら、ホテルから直接VIPルームに行くことができます。

カジノ目的であればこんな便利なことはありません。

 

しかも、プレイ中はVIPルームで24時間食事も飲み物も自由に頼むことができます。

 

他のメンバーがどんな賭け方をしているかわかりません。

VIPルームは個室(プライベートルーム)ですからね。

 

 

でも、中国の方の中には、信じられないような多額な額を賭けている人がいるようです。

大丈夫かなと思いたくなりますが、あそこの国の人は違いますからね。

 

アラブの方もすごいと思いましたが、最近は中国の方に圧倒されることが多くなりました。

パイザメンバーになるとお金を預けることになります。

 

 

シンガポールに何度も来るのであれば、銀行口座を作ることもおススメします。シンガポールは外国人でも口座を作ることができます。シティバンクなどのように、日本でもおなじみの銀行もあります。

もちろん日本からネットバンキングで取引できます。

遊びに行くときに送金しておけば、現地で困ることはありません。

 

 

それと、シンガポールの買い物代金は、シンガポールドル建てと米ドル建ての2種類あります。

日本円の買い物は、カード会社がキャンペーンをしていますが、手数料かかかります。

米ドルが安い時に買っておき、シンガポールに送金すると便利です。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください