【ルーレット攻略】カジノ側の取り分を知る


初心者でも簡単に楽しめるといえば「ルーレット」はその筆頭です。

0と00~36までという38箇所のスポットがあり、どの数字のスポットにボールが入り込むかを賭けるだけのゲームだからである。

 

 

しかしながら、賭けた場所によって、その倍率は意外と複雑なのです。簡単に言うと、仮に1つの目にかけた場合の配当は36倍となります。

普通考えると38倍じゃないの?なんて声も聞こえてきそうですが、0と00という2つについては、元々カジノ側の取り分(ハウスエッジ)ということが最初から設定されているのです。

つまり5.26%がカジノ側の取り分になり、赤黒ではなく緑色のスポット用意されている。

ひとまずは緑のスポットには入らないでというのがプレイヤーの絶対的心理といえよう。

 

 

遊び方は、ルーレットを回して、どのスポットにボールが入るかをピンポイントに当てる方式や、または、赤黒どちらのスポットに入るかを当てる方式、もしくは、出た数字が偶数なのか奇数なのかを当てる方式、及び、出た数字が前半の数字なのか後半の数字なのかを当てる方式、などが一般的な賭け方の種類である。

 

ルーレットが面白いのは単純な反面、そのあたりのバリエーションに富んだ賭け方が出来ることと、払戻金の倍率に妙味があるという点が挙げられる。

そうは言っても、綺麗なグリーンのテーブルの上にチップを置く瞬間にはなんとも言えない緊張感はある。

 

 

 

このルーレットも、言うならば他力本願型のウェイティングゲームではあるが、しかしながら、勝ちたいのであれば、とりあえず全ての数字に必ず手が伸ばせる位置に席を陣取ることが必要不可欠である。

何故ならば、日本人はどこかお客さん的で遠慮しがちな民族性ゆえに、掛けたい数字に手が届かないとなると、むしろ遠慮して手が届く違う数字に手を伸ばしてしまう傾向があるからだ。

 

 

ファーストインプレッションこそ、ゲームで勝てる人間だけが持ち合わせている「勝てる知能」といわれているのだ。

よって、遠慮はいけません、主役は貴方です、最初のヒラメキを信じて、強気に勝利を呼び込むんです!



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください