ウィンマカオの雑学と歴史について


今回はウィンマカオの雑学について書きたいと思います。

良く知られているのはその名前からも推測できるようにこのホテルはラスベガスにあるウィン・ラスベガスのマカオ版としてラスベガスを変えたと言われているスティーブ・ウィン氏がプロデュースしたホテルであるということでしょう。

 

本場のカジノをベースにしているため、マカオに存在する他のホテルとは場の雰囲気からサービスに至るまで違いを感じさせてくれますし、利用者が求めるニーズをよく理解していますね。

元々マカオのカジノ経営権利は「マカオの盟主」と呼ばれるスタンレー・ホー氏が経営する会社が独占していたのですが、2002年にマカオ政府によって国際入札が可能となったことにより、アメリカの「ウィン・リゾーツ」社と香港系の「ギャラクシーカジノ」にも開放された経緯があります。

 


「ウィン・リゾーツ」社はスティーブ・ウィン氏がオーナーを務めている会社なので、ウィンマカオはこちらの会社の系列となりますね。

今でこそ複数の会社が経営権を持っているわけですが、元々は独占状態にあったこと、そして、その後に解放されて現在のように世界的なカジノ街となっていることなど、今に至るまで様々な事があったというわけです。

 

 

何よりも驚くべきことは一企業、もっと言えば個人が市場を独占していたという事実に関してでしょう。

まさにスケールが違いますが、こうした経営理論には学ぶべき点も多いですし、凄いことだとも思いますね。

まさにマカオカジノの成り立ちについての話ですが、ウィンマカオについて知る上では欠かせない話でもあるでしょう。

 

 

始まりが一人の人物であったことやその発展に伴って、現在の形に落ち着いたことなどその歴史は非常に興味深いものではないかと思いますよ。

知っているからといって直接人生に役立つものではない雑学ですが、知っておくことで新たな楽しみを見出すことも可能なのが雑学の良さなので良ければ知っておいてくださいね。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください