ウィンマカオの宿泊料金を説明します



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







ウィンマカオの宿泊料金をご紹介します。

通常プランで30000~40000円程度、そこからグランドになると45000円程が必要でスイートが70000~75000円程度、最高クラスのグランドスイートになると80000円は用意しておく必要があるでしょう。


料金の一覧としては上記の通りですが、昔よりも注目が集まっていて、需要が高まっている影響なのか、料金は昔に比べて上がっている傾向にあり、他のホテルよりも割高かなと。

しかし、その分サービスの質がワンランク上を行っているのも確かですね。

 

 

ホテルの宿泊料金は予約方法などによって大幅に変化するため、あくまでも参考程度に見ておいていただけるとよろしいかと思います。

しかし、利便性や快適性を踏まえると決して高い金額であるということもなく、妥当な値段だとも言っていいのではないでしょうか。

日本料理も美味しくて良かったです。


高値で設定しているのも自信の表れだと解釈できますし、併設されている設備なども文句はないレベルです。

カジノホテルだからといってカジノのみではなくホテル自体のサービスにこだわっている辺りも評価していいでしょう。

ホテルで優雅な時間を過ごしつつ、気分転換にカジノやショッピング、ショーを楽しめるのは一定以上の富裕層に住む者だからこその贅沢ですよね。

 

 

ホテルを評価する上ではホテル自体のサービスの質と店などの設備や利便性の良さなど総合的なレベルの高さが求められますから、ウィンマカオはそれらの条件に当てはまるマカオでは数少ないホテルと言って過言ではなく、だからこそ高い宿泊料に見合うホテルなのはまず間違いありません。


レベルの高いサービスを提供するということはその反面、値段が高値になってしまうのも常識ですが、逆に考えるとそれだけの価値があるということです。

普段生活している時とはまた違う贅沢な時間を楽しむことができるのもこのホテルの醍醐味ではないかと思いますよ。

 



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください