東京カジノプロジェクトのスロットは背景が夜なら確率アップか!?


IMG_0024

スロットの魅力の一つに、賭けの勝利に、自分の人間性能が寄与した実感がある事があげられるのかな。
いわゆる、スロットマシンで回転するドラムの絵柄がくるタイミングを体得して、狙った絵柄で止める、目押しというテクニックですが、自分の目押しの見事さが賭けの成否につながっている実感があると、ギャンブルでありながら、一仕事終えた時のような充実感があるものでしょう。

 

 

かと思うと、一昔前のパチスロ店では、うまく目押しができないお客さんが、店員さんを呼びとめて、

「ちょっとここを、目押ししてくれない ?」

などと要求し、店員もそれにこたえるおおらかさもあるのが面白いところだろう。

 

 
つまり、目押しによる良否も少しはあるが、スロットの基本はやはり運試しということ。
 
 

ちなみに、東京カジノプロジェクトでは残念ながらお金は賭けられませんが、それが可能なスマホアプリもあるんです。
 
 
 現金を賭けられるカジノを見る
 
 

 

 

さて、東京カジノプロジェクトでもスロットは主力といってもいい存在感があるのですが、攻略上で重要なアイテムがこのスロットの景品として手に入るのもその理由として大きいです。

 

 
それは何かというと、白エリアチケット。
これは、リゾートパートで建物を建立する際に、エリアの区画権を拡張していることができるというもので、単純に多くの土地と不動産を所有することになるので、利益も増します。

 

 

 

 

そして、東京カジノプロジェクトのスロットは、本場のカジノと同様で目押しができない自動停止タイプですので、人の手が加えられないということ、逆に言えば、環境映像を眺めながらゆったりとリラックスしていたいときにプレーするのに最適でしょう。

 

 

 

 

例えば、電車の移動中であるとか、ベッドに入って寝る少し前のもう頭を使いたくないというタイミングなどだろうね。

本場のカジノだったら、彼氏がバカラやブラックジャックのテーブルにのめり込んでいるときに、彼女が暇つぶしとしてスロットマシンが使われてますね。

 

 

 

日本の美人が一人でラスベガスのスロットをやってるとか何度か見たことあります。

東京カジノプロジェクトでの話になりますが、ダラダラと回転数を増やしてプレイしていることは、結果的にスロットで当たりが出る確率を増やすことにもなります。

 

 

 

 

というのも、東京カジノプロジェクトのスロットのプレイ時間が長いと、背景が夕方や夜と変わってきます。

こうした夕方や夜になるとわずかに当たりの確率が増えるようになってます。

 

 

 

ネット上でもそう言われてますし、私の実践上でもそう感じましたので、本場カジノよりも当たりやすさの確率は回転数によっていじられてるのでしょうね。

 

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください