東京カジノプロジェクトのトレジャーピラミッドは狙い目


IMG_0049

賭けに勝つことによってさまざまな景品をもらえるというのは、昔のドラマに出てくるパチンコを連想させます。

 

パチンコでは、出玉に応じて景品を受け取り、その景品を買い取ってくれる交換業の建物が、なぜかパチンコ店のそばに立っているので、お金に換えたい人はお金に換える。

 

ちなみに、東京カジノプロジェクトでは残念ながらお金は賭けられませんが、それが可能なスマホアプリもあるんです。
 
 
 現金を賭けられるカジノを見る
 
 

パチンコだと今は景品として自分が普段すっている銘柄の煙草をゲットしたとかいう場合以外は、ほとんどこの3点方式で景品をお金に換えているのが現状です。

 

 

さて、東京カジノプロジェクトでは、このカジノでもらえる景品が、攻略上重要なウエイトを占めています。

というのも、カネーやチップをためただけでは手に入らない、各種乗り物や、土地の区画権、そして海に泳がせるマンボウや、陸に設置するミニ富士山などが存在するからです。

 

 

つまり、この東京カジノプロジェクトの攻略を進めている人というのは、姑息な方法で資金をためて、その資金力にモノを言わせることで攻略を進めるのではなくて、実際にカジノに参加して、ほかのプレーヤーに勝利するという経緯を積む必要があるようにしているのが、このゲームでの景品システムというわけですね。

 

 

 

ちゃんとカジノで何度も遊ばないとリゾート開発が進められないように作られているわけです。

 

 

カジノで遊ぶためのチップが無くなっても、毎日もらえるようになってますし。
景品として建物がもらえる場合もあるのですが、現時点での一押しは、エンターテインメント施設のひとつトレジャーピラミッドかな。

 

 

カネー産生、来島者数増加、来島者の顧客満足度、すべてが高水準な建物です。

 

 

 

 

トレジャーピラミッドは、TOKYOカジノに次ぐ2件目のエンタメ施設です。

チップ1万枚と交換というハードルはありますが、カネーの回収効率が良いです。

 

 

 

中盤に差し掛かったプレイヤーは狙ってみても良いのかなと。
フランス、パリのルーヴル美術館の前にも、このトレジャーピラミッドによく似た、ガラス張りのクリスタルのようなピラミッドがたてられていて観光名所になっていますけどもこのトレジャーピラミッドによって、ルーヴル美術館なみの観光名所にしてしまいましょう。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください