マカオでタクシーに乗る時の注意点と初乗り料金


マカオでの移動はシャトルバスとかリムジン以外にタクシーもあります。

マカオのタクシー初乗りは15パカタ(225円)でしたが、2015年以降17パカタ(約250円)になってます。

これは原油高騰と人件費高騰によるものです。

 

 

あと有名な話ですけど、マカオではトランクに荷物を入れたら小銭取られます。

追加料金ですね。

 

 

 

とは言っても流しのタクシーはあまり使わないほうがいいです。

 

 

 

 

 

 

ドライバーにはほとんどが英語が通じません。

そういうこともあってホテルのタクシーならスタッフに通訳してもらうようにできるので使っちゃいましょう。

安全面でもそのほうがいいです。

 

 

 

ボッタクリのタクシーっていうのはあまり聞いたことないですけど、100%安心でもないですしね。

ベネチアンマカオから、セナド広場までは70パタカでした。(当時)

 

 

 

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください