カジノでは『時計』が必須アイテム


tennnai7543345

 

海外のカジノでは少しでも長い時間を使ってお客さんに遊んでもらうことが原則です。

今回は、『カジノで負けにくい方法』の1つにもなると思います。

 

 

 

10ドルしか使わないお客でも1000人いれば1万ドルですし、1万ドル使うVIPならさらに長くいてもらいたい戦略を色々を作り出しています。

 

 

 

例えば、カジノの中には空気清浄機も付けられていたり、綺麗なウェイトレスがサービスドリンクを持ってきてくれたり、さらにVIPなら尚更至れり尽くせりの居心地になります。

 

 

 

 

豪華なシャンデリアや絨毯などもそういう計算がされているのでしょう。

10万ドル使おうと思っているのに、古すぎたり小汚いお店では1ドルも使いたい気分になりませんしね。

 

 

 

実際、私も時間を忘れて朝まで没頭していたのでよく分かります。

 

 

そう、時間です。

 

 

 

カジノ側がお客を少しでも長居させるのに必要なのは、『時計を取り付けない事』です。

そして、『外の景色を見せない事』です。

 

 

 

外が見える窓があるカジノなんて無いです。

完璧にインドアですから。

日が暮れたりするのをお客さんに見せないほうが時間を忘れますね。

 

 

 

 

これは日本だとパチンコ店でも同じことがいえますね。

基本的に店内に時計がかけられてません。

そのせいで気が付いたら閉店時間だったということもあるのではないかと思います。

 

 

 

 

もはや、ギャンブル運営者の鉄則なのかもしれません。

 

 

 

 

話をカジノに戻します。

海外でカジノホテルの部屋にいれば外の景色は見えるので食事に行ったりなど体内時計も働きます。

しかし、大抵のホテルの部屋というのは殺風景だったり退屈だったりするんです。

これも戦略なのでしょう。

 

 

 

部屋以外にお客さんがいてくれたほうがお金も落としてくれますからね・・・

 

 

 

カジノ内はお客さんの出入りなんかは頻繁に入れ替わるものだから、場の空気なんてそうそう影響しませんし、なかなか時間に感づかないんです。

そうやって時間を忘れさせるんです。

 

 

 

カジノに入るときというのは、ホテルの部屋に荷物など全部置いていたり、リラックスした状態でラフな格好で入ったりします。

腕時計も外してしまうものですが、これは自分にブレーキをかけるための必須アイテムです。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください