マニラベイリゾーツでフィリピンがマカオ抜き!?



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ








マニラ (トリップアドバイザー)

 

マニラ ベイ リゾーツは、フィリピンに大型カジノリゾートとして開発が進められてきた一大プロジェクトの一つですね。

 

 

残念ながら開業は遅れているのですが、テーブルゲーム500台、スロット数3000台という世界的に見ても最大級のカジノリゾート地になることが予測されているだけにカジノを趣味としている私も楽しみに続報を待っている状態です。

ラスベガスやマカオも抜くかもしれないとまで言われてます。

 

 

富裕層をメインターゲットにしているという点からも期待が膨らむところでしょう。

 

 

 

現状の予定としては豪華ホテル、高級レストラン、商業施設、コンドミニアム、噴水、ビーチクラブなどの設置が決まっています。

噴水も世界最大級になるということで非常に楽しみですよね。

 

 

コンドミニアムもできる予定ということなので長期滞在を視野に入れるのもいいでしょう。

短期の滞在ならばホテルでも十分でしょうが、じっくり楽しむのであればある程度は期間が欲しいのが本音ではないでしょうか。

 

 

 

短期間で見て回るのも不可能ではないにしてもあわただしい感じになってしまうことからお奨めは出来かねますので、そのような状況も想定した上でコンドミニアムの利用も検討してみてください。

 

カジノは日本でこそあまり目にしない施設ですが、世界的には数多く存在していることをご存じの方は多いと思います。

 

 

 

フィリピンもカジノが多く存在する国として知られているものの、レートが安いこともあって遊ぶ上では文句はないのですが、一方で富裕層には物足りなさを感じるところが多かったのも事実です。

 

 

レートが安いということは稼げる金額も知れているということですから、ゲームとしてみた場合はともかく、ギャンブルとしての醍醐味を十二分に楽しむのなら今一つの感は拭えません。

 

 

その意味でも富裕層をターゲットにした本施設の完成が待たれるわけで、この施設の完成によってフィリピンのカジノに対する印象が大きく変わってくる可能性もあります。

 

これまではマカオとラスベガス、シンガポールがカジノ街として有名でしたが、そうした構図にフィリピンも含まれてくるかもしれませんね。

 

 

 

先程お話ししたようにフィリピンはレートが低く、それゆえに一般層にも親しまれる場所なのですが、「マニラベイリゾーツ」の完成で富裕層の人たちにとってのリゾート地としてマカオやラスベガスに匹敵する場所となれるかどうかをこれからも注目していきたいと思います。

 

 

現在は外枠が出来てきているということで着々と完成に向けて工事が進んでいる状態なので、楽しみにして待ちましょう。

 





日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。臨場感あるライブカジノだけでもすでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して選びました。

 ミスターSお勧めのオンラインカジノ一覧を見る




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください