2018年完成予定の『リゾーツ ワールド ベイショア』(フィリピン)


リゾーツ ワールド ベイショアは、「リゾーツワールド・マニラ」を運営するトラベラーズ社が2018年を目処に着工している統合型のリゾート施設となっています。

リゾートワールド・マニラが総合エンタメ施設として成功をしていることからも期待が集まるところですね。

 

この施設が作られた背景の一つには「エンターテイメントシティ計画」という一大プロジェクトがあり、これはすでに開業中の「ソレイユカジノ&リゾート」や「シティオブドリームス・マニラ」、さらに現在同じく着工中である「マニラベイリゾーツ」を含めた国家的なプロジェクトです。

 

 

 

カジノは娯楽施設としては非常に優れている上に莫大な収入が得られることからも経済面に良い影響があるのは間違いないでしょう。

フィリピンはマカオなどに比べると人口が多いのも追い風になっているのかもしれませんね。

日本では犯罪抑止の観点からカジノ禁止となっていますが、高い経済効果が見込めるので、カジノを建設しようした動きが見られたこともありました。

 

しかし、現状で日本にカジノができるのは厳しいのが実情なので、カジノをやるとしたら海外に目を向けるしかないのです。

 

以上のようにフィリピンはこうしたカジノを含めた総合的なリゾート施設に力を入れており、特にカジノに対して重点を置いていることから、カジノ好きにとっては今一番熱い国と言っても過言ではありません。

 

 

 

すでに開業しているリゾート施設が成功している良い流れがあるだけに「リゾーツワールドベイショア」にも同様に大きな期待が寄せられます。

「リゾートワールドマニラ」で得たノウハウを基に作られるリゾート施設というだけでも魅力に溢れていると言っていいと思いますよ。

 

 

個人的にも非常に期待していますし、フィリピンは政府がカジノを直接運営していることもあり、信頼度も他国に比べると高くなっていますから、初心者でも安心して楽しめるのもメリットですね。

 

フィリピンはこれからカジノ大国となっていく可能性のある国なので、そうした意味でも注目です。

開業は2018年とまだまだ先のことですが、このように予定が決まっているのは今後の発展という意味合いにおいても大きなことではないでしょうか。

カジノに強い関心を示す国が増えてくれるのはカジノを趣味とする私にとっても多くのVIPの方々にとっても歓迎するべきことですから、これからもっと増えてきてくれることを願っています。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください