映画『オーシャンズ11』でカジノファンも増加


カジノ好きなら一度は見たことがあるであろう映画『オーシャンズ11』を最近改めて見てみました。

ジョージクルーニーが仮釈放中に悪友のブラッドピットを誘って、ラスベガスのカジノから大金を強奪するというあれです。


 

ベラージオ、MGMグランド、ミラージュの3つのカジノが狙われて、あのカジノで撮影されたんだ~と感慨深いものも。

オーシャンズシリーズは、『オーシャンズ11』、『オーシャンズ12』、『オーシャンズ13』と3作品でてますが、やっぱりこういう続編ものって最初のが一番インパクトがあるんですよね。

 

 

 

ルパン三世の大人数バージョンのような内容ですね。名の知れた俳優陣も揃ってるし。

11人だからオーシャンズ11って、そんなに人数必要だったのかと。

ストーリーは女の取り合いとか、キャラ設定はどうでもよかったものの、店内の使われ方とか知っている場所が写っていると面白味も増しましたね。

 

カジノのオーナーであるテリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)の大物風な冷酷そうなタイプはわりと嫌いじゃないし。

ラスベガスの歴史はああいうのが仕切ってきたのかなとか想像しちゃう。

 

 

やっぱりカジノみたいな金が集まる場所っていうのは、相当今まで狙われてきてるんだろうなとは思います。

それだけにセキュリティはどんどんお金をかけられてるでしょうし、スリなんかも入ってこれないほど厳重になってるだろうなと。

 

 

 

風船で監視カメラが塞がれるとかありえないでしょ・・・

爆弾でラスベガス中が大停電するとかも・・・

まぁでも大地震で東京が大停電する可能性っていうのは現実的にありえるから、どんなにお金を積んでセキュリティを固めたラスベガスでも可能性0ではないのかな。

 

 

でも、各ジャンルの専門家が一つの集団になって一大プロジェクトを成し遂げる、というのは現実社会で置き換えれば『会社』という単位がそうですよね。

 

新製品を作る専門家である『開発部』、

商品を売る専門家である『営業部』、

社員の情報専門家である『人事部』、

それらを取りまとめる課長や部長がいて、その上で経営者がコントロールしてる集団であるわけで。

 

組織っていうのも、大きすぎて失敗することもあれば、少人数でも成功できることもあるから世の中面白いものだ。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください