クルーズや豪華客船パーティのドレスコードを解説



信頼できるカジノ仲間たちから教えてもらった数々のオンラインカジノの中からミスターS自身もプレイして、全く問題なく出金までできたオススメできる優良サイトばかりを厳選しました。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるカジノばかりです。

 ミスターSが実際に出金できた優良オンラインカジノ一覧を見る ≪こちらを今すぐクリック≫







船旅というと、日本人にとってもまだまだ優雅な大人の旅というイメージがあります。
最近では格安で運航しているクルーズ船もあるようで、そこは随分とカジュアルな雰囲気のようです。

 

私はあまりカジュアルなクルーズ船には乗らずに、クイーン・エリザベスやクイーン・ヴィクトリアのような豪華客船ですが、そこではしっかりとしたドレスコードが今でも定められています。

 

 

とはいえ、日中は基本的に服装は自由ですので、私はTシャツにショートパンツといったようなラフな装いでいました。

足元もサンダルでいました。

 

 

ただし、18時以降になると様相は一変します。

豪華客船ともなりますと、乗客も船内の雰囲気づくりに一役買わなければならず、エレガントな船内の雰囲気に合わせてエレガントな装いが求められます。

 

クイーン・エリザベスでは、インフォーマルとフォーマルといった2種類のドレスコードがあって、インフォーマルの方は結婚式の二次会の雰囲気を想像してもらえればいいでしょう。

 

私はジャケットにチノパン、そしてネクタイをつけていきました。

彼女はカクテルドレスを着ているときもあれば、パンツスーツを着用しているときもありましたね。

フォーマルは、結婚式の装いです。

 

 

 

私はダークスーツを持っていきましたが、タキシードを着用している人もいました。

彼女はイブニングドレスを着用していましたが、自分で着付けができると思しき女性は、着物を着用していました。
エレガントな雰囲気にとっても映えていましたね。

いつどんなドレスコードになるかは、毎日船内で発行される新聞で分かりますので、朝は必ず新聞チェックです。
また、ボールルームではテーマを決めたダンスパーティーがあり、テーマに合う服装をしていくとよりパーティーを楽しめます。

私が滞在していたときには「マスカレード」(仮面舞踏会)もあり、ヴェネチアンマスクをつけた紳士淑女が大勢いて、その非日常的な空間に私も年甲斐もなくドキドキしたものでした。

 





日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。臨場感あるライブカジノだけでもすでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して選びました。

 ミスターSお勧めのオンラインカジノ一覧を見る




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください