豪華客船やクルーズでの『船酔い防止策』


(豪華客船から見た嵐の中の映像)

 

せっかくのクルーズ船での旅行ですから、思う存分楽しみたいものです。

でも、せっかくの船旅も、船酔いでやられてしまっては楽しさも半減どころか台無しになってしまいます。

クルーズ船での船旅を重ねていくうちに、私も結構船酔いはしなくなりましたが、ここでクルーズ船での船酔い防止策について個人的に紹介します。

 

 

 

まず、乗船前にあらかじめ酔い止めの薬を飲んでおきましょう。

酔い止めの薬を飲んでいるというだけで、気分的にも随分と楽になるものですよ。

 

優雅な船旅だからゆっくりと穏やかに過ごしたいものですが、船酔いの観点からいうとこれはあまりよくありません。

忙しくしていると、結構船酔いをする暇もないものです。

幸いなことに、船内には様々なアクティビティが用意されていますし、プールで泳いだりフィットネスで汗を流して心身共にリフレッシュすると効果的ですよ。

 

 

 

クルーズ船ではデッキでの滞在も楽しいものですが、ここでの読書はかえって船酔いを悪化させます。

あまり近くを凝視するような行為は避けて、デッキに出たらはるか遠くに見える水平線を眺めるといいです。

なお、その際に波を見てしまうと船酔いするかもしれませんから、水平線や空だけを見てください。

 

 

おいしいビュッフェは魅力的ですが、あれやこれやと欲張って食べすぎると、気持ち悪くなって船酔いを加速させます。

腹八分目を心がけて、刺激の少ないものを中心に食べるように心がけてください。

 

穏やかな波の中をクルーズ船が進んでくれればいいのですが、場合によっては激しい波の中を進む場合もあり、そうなるともう船酔いが大変です。

私は船の上層のデッキに客室があるケースが多いのですが、上層デッキはどうしても揺れが大きくなってしまうので、波が激しそうなときは下層デッキに移動します。

海面に近い方が同じ波でも揺れが小さいですし、近くにトイレがありますので、どうしても我慢できないときはそこで。



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください