成長する『MGMグランド・マカオ』は巨大なカジノ



MGM グランド マカオ (トリップアドバイザー)

 

 

巨大なカジノを併設しているホテルも色々とありますが、2007年12月にマカオでオープンした巨大なホテルとして『MGMグランド マカオ』があります。

世界各国で巨大なカジノホテルとして有名になっていますが、その総工費も非常に高額で1330億円もかかっています。

 

 

 

『MGMグランド マカオ』はマカオのカジノ王として有名なスタンレー・ホー氏とアメリカのラスベガスで展開している企業が資金を出して建設されています。

結集して生み出された『MGMグランド マカオ』は、全体的に金色で飾られているマカオでも派手なホテルともいえるでしょう。

 

 

 

 

もちろんカジノも併設されていますので、十分に楽しんでいくことができます。

 

『MGMグランド マカオ』のメインエントランスから見ていくと、非常にインパクトの有るステンドグラスを色々とみることができます。

 

 

 

全部で35階建てとなっているホテルでは、客室は全部で600以上もあります。

その中でもデラックスルームとして用意されているフロアが5階から17階まであり、スイートルームは20階から28階までとなっています。

 

 

 

 

高層階ではマカオの夜景を十分に楽しんでいくことができることでしょう。

そんな『MGMグランド マカオ』の各部屋をモテ行くと、グランドルームはマカオの風景を一望することができるオーシャンビュールームであったり、アーバンビュールームといわれているマカオ半島をしっかりと一望していくことができる部屋が用意されています。

 

 

 

 

他のマカオのホテルと比較をしても間取りが広くて、とてもゆったりしていると感じることができるのがグランドスタジオルームです。ここは家族で十分に楽しむことができます。

 

 

『MGMグランド マカオ』の室内の設備というのも非常に豪華になっていますが、香港にあるホテルのスイートルームと同じような華やかさを感じることができます。

 

 

 

 

日本人でも快適になるようにウォークインクローゼットであったり、日本語で放送されている番組にも対応している大型の液晶テレビもあります。

 
そんな中でMGMグランドのカジノでは、様々なテーブルゲームであったりスロットマシンなどをじっくりと楽しんでいくことができます。

 

 

 

カジノ全体のレイアウトも非常に広くなっており、テーブルゲームの数はおよそ450台となっています。

バカラやフォンタンなどを楽しむことができますが、スロットマシンも1000台ほど用意されているので、遊べないと困ることはないでしょう。

 

 

 

MGMグランドは周辺にマンダリンオリエンタルホテルなどもあり、交通アクセスが非常にいいです。

今後も交通アクセスは改善されていきますので、『MGMグランド マカオ』は成長するカジノ併設のホテルといっていいでしょう。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください