【豪華クルーズ】船内でチップはどうするか


日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、海外ではよくあることでしかも日本人がその対処に苦慮している習慣といえば、「チップ」です。

(カジノのチップではなく、心づけのチップのほうです。)

 

私も、海外旅行に行き始めたころはチップについて相当悩んでいましたが、今ではすっかりチップも渡し慣れました。

 

【船内でのチップについて】

 

そもそも「チップ」というのは必ずあげなければならないわけではありません。

受けたサービスに対する感謝の気持ちとしてあげるのがチップであり、サービスが気に入らなければチップは別にあげなくて構いません。

逆に、サービスにいたく感動すれば相場以上のチップをあげてもいいのです。

 

 

かくいう私も、かつて何軒かはしごをして高級ブティックで買い物をしたとき、道にも迷わずスムーズに買い物できたので、7000円の料金のところ10000円渡して、お釣りはもらわなかったことがあります。

 

 

 

 

【船内チップと通常のチップとの違い】

 

最近では合理化のため、アメリカやヨーロッパでもチップはあらかじめ会計に含まれていることが多いですが、それはそれでちょっと悲しいですね。

クルーズ船のチップは、通常のチップとは意味合いが若干異なります。

 

 

通常のチップはサービスを受けた後に渡すことがほとんどですが、クルーズ船のチップはあらかじめ渡しておくこともあります。

旅館で仲居さんに渡す「心付け」のようなものですね。

 

 

 

もちろん船内チップも必ずしも渡す必要はないのですが、クルーズ船においては、通常のホテルよりも客とスタッフとの距離感が近いんです。

あらかじめチップを渡しておけば、その後の彼らの仕事も大いに期待できますし、何より彼らとの会話も楽しみの一つです。

 

 

 

朝起きて客室を出ると、そこにはすでにスタッフの姿があり、「おはようございます!よく眠れましたか?」と言ってくれたり、寄港地から帰ると、「お帰りなさい!楽しめましたか?」と気にかけてくれるのです。

 

 

地上の高級ホテルのスタッフでも、なかなかそこまでは期待できません。

ちなみにチップですが、1週間程度の船旅でしたら気前よく100ドル程度を渡すようにしています。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください