【東京カジノプロジェクト】リセマラとは


IMG_0048

アプリ好きのスタッフから聞いた話ですが、スマホの課金ゲームでは東京カジノプロジェクト以外にも、モンスターストライクなどのアプリゲームの世界でときたま聞かれる用語に、「リセマラ」というものがあるんですね。

 

 

リセマラとは、リセットマラソンの略で、主に序盤に非常にリスクの高いギャンブルを行い、そのギャンブルに成功すれば、それ以降のプレーが円滑に進むことを狙ったものです。

 

ちなみに、東京カジノプロジェクトでは残念ながらお金は賭けられませんが、それが可能なスマホアプリもあるんです。
 
 
 現金を賭けられるカジノを見る
 
 

 

 
例えばモンスターストライクでは、アカウントをつくって、その直後の段階で、ガチャと呼ばれるルーレットに似たようなシステムを利用して、レアモンスターをゲットすることができれば、その後の攻略が円滑に進むというわけだな。

 

 

 

しかも、アカウントを新しくつくった直後のデータだということは、うまくいかなければデータこと破棄してしまえばよいわけで、そのためにリセットしまくっても、リスクがないということで実践者は多いとか。

 

 
東京カジノプロジェクトでも、このリセマラを行うことができるわけだが、具体的な方法は、ゲームを開始した直後にもらえる、100チップを、カジノパートのルーレットや、バカラ、ブラックジャックに、一挙に注ぎ込むということ。

 

 

 
当然、当たりが来なければそこで破産ですが、始めたばかりのデータで、特に愛着もなく、リセットしてしまえるというわけです。

 

 

 

リセマラのデメリットとして、いつまでもリセマラをすることにはまってしまって、ゲームを進めることが遅くなり、結果として、ゲームの経験がつめなくなるというものです。
拡大解釈をすれば、浪人期間や、学生期間を長く取った結果、いち早くそこそこの学校や就職先で妥協して、社会で経験を積んだ人に、長い目で見れば遅れをとってしまう、という図式に似てるね。

 
なので、リセマラを、戦略に組み込ことは有効なことではありますけれど、あまり神経質になって、これ以上ないベストの環境ばかりのぞむというのも、上達を遅らせることになるのかもしれないね。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください