【東京カジノプロジェクト】リバーシ攻略



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







IMG_0043

気ままに、運任せでプレーができる他の多くのカジノ種目とは違って、ほぼプレーヤーの実力に任せられている種目が、パターゴルフと、リバーシの二つです。

 
なかでもリバーシは、将棋や、囲碁のような、頭脳的なボードゲームの性質がありますのでなかなか、初心者にとってはとっつきにくい印象もあるかとおもいます。
しかし、いくつかのポイントさえ押さえれば、リバーシを全く知らない人に対しては確実に勝てるくらいの強さには、どなたでもなれるのです。
リバーシでまず注目すべきは、盤面の角です。

 

 

角は、一度自分の石を置いてしまえば、後からひっくり返されることがありません。
そのため、角をいかに多く相手ではなく自分が取るのか、これが基本の戦術になります。

 

ちなみに、東京カジノプロジェクトでは残念ながらお金は賭けられませんが、それが可能なスマホアプリもあるんです。
 
 
 エンパイアカジノ公式サイト
 
 

 

 

通常のリバーシでは、角は四方の全部で四つです。

 

 

ところが、この東京カジノプロジェクトというアプリのリバーシは、変則的な形の盤面が数多く用意されており、角というものを、一度おけば、相手からひっくり返さないものであると定義したのであれば、四つ以上の、非常にたくさんの角が用意されている盤面も多いのです。

 

 
ですので、まずはゲームを始める前に、今自分が目にしている盤面に角がいくつあるのか、そしてどこが角なのかを、しっかり把握しておきましょう。

 

 

 

次に、リバーシの基本としてあげられるのは、相手を囲い込むのではなくて、相手の中に入り込めということ。

 

人間は本能的に、相手を囲い込んでしまって、身動きが取れないようにしておくと、安心感を覚えて、ある種の兵法の基本ともいえるものになっていますが、リバーシに限っていうと、これは不利に働きます。

 

 

 

 

 

なぜかというと、相手を囲い込むように石をおいて、局面を進めていくと、そのうち、自分が石を置ける場所がなくなってしまうのです。
これは、必ずターン中に、1枚は相手の石をうら返さなければいけないという、リバーシのルールがかかわってきます。

 

 

 

このため、石をおけなくなった場合、パスとなり、その間に今までは囲まれて、石の数も少なかった相手が、みるみるうちにこちらの石を大量に裏返して相手の色にしていき、瞬く間に逆転して、勝負がついてしまうのです。
このため、角の意思を相手ではなく自分が奪うのと同様に、局面の序盤や中盤は、自分の石を増やすことにこだわることはなく、相手よりも内側に石を配置することに意識を向けて下さい。

 

 

リバーシで高い勝率を得るために必要なことは、盤面の角を奪うと同時に、盤面の角の周囲のマスに、自分の石ではなく相手の石を置かせるという工夫が必要です。
なぜなら、角の周辺に隣接したマスにおかれた石は、その次に相手のターンで相手が角に石をおくことで、裏返って、相手の石になり、角の制圧が完了してしまうからです。

 
つまり、角の周囲にいかに石をおかないか、そして、両者ともが角の周囲のマスに石をおきたくないという状態でせめぎあっているのならば、いかに、仕方なく角の周囲に石をおかなければならない状態に相手を追い込か。
この駆け引きがリバーシの勝敗に大きくかかわっているということなのです。

 





日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。臨場感あるライブカジノだけでもすでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して選びました。

 ミスターSお勧めのオンラインカジノ一覧を見る




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください