マカオのVIPルームで心のリフレッシュ



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







 

マカオにはよく行ってましたが、最近はシンガポールが人気のようですが、かなり長時間飛行機に揺られるのはちょっと堪えます。
私は、老舗のマカオがお気に入りです。

シンガポールのように洗練された街ではありませんが、下町情緒あふれる雰囲気も嫌いじゃないです。

 

友達とシンガポールのマリーナベイ・サンズに行ったときは確かにすごいところだなと驚いたものですよ。

でも、一度入ってしまうと、入り浸りになることも事実です。外に出なくなりますね。

 

マカオのカジノはホテルとは別なら「移動」という楽しみがあります。

そして、肝心なカジノはVIPルームです。やはりチマチマと賭けるのではなく、ビッグに賭けるスリルは説明できない快感があります。

この快感とサービスを受けるために、仕事を頑張っていると言ってもいいでしょう。

 

VIPルームでプレイするには、200万から300万程度のお金を預けておく必要があります。でも、それだけの価値がマカオのVIPルームにはあります。

ここでカジノをプレイしていると、日ごろのイライラを忘れることができます。

彼女も、マカオで買い物三昧とエステができるのでご機嫌です。

私も彼女もマカオに来るたびに個々のリフレッシュができます。

マカオにもシンガポール同様にカジノを主体にしたリゾートホテルが増えました。

そして、ホテルに戻って食事をしたりして、二人で自分の楽しかった話をするんです。

 

 

マカオは東京から5時間で到着します。

ちょっと狭いビジネスクラスのシートも、2人で話をしていれば楽しい時間です。

 

これがシンガポールだと8時間かかります。

シンガポール航空のシートは快適ですが、さすがに乗りつづけると飽きますね。

飛行機に乗っている時間って結構もったいないんですよ。



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください