マカオへの移住はほぼ無理という理由


カジノが好きな人の中にはマカオに移住すれば、一日中カジノ三昧だと考えている人もいます。

しかし、現実にそのようなことは難しくなっています。

 

昔はお金がある人なら可能だったみたいなのですが、最近は永住ビザが出ないようです。

どこの国でもそうですが、外国人が多くなりすぎると生活に不便が生じます。

 

賛否両論があるようですが、日本は移民が少ないから住みやすいとも言えます。

一時期、カジノや投資のためにマカオも永住ビザを出していた時期があったようです。

しかし、その結果として元々の「ネイティブマカオ」の方に不満が出たのも事実です。

 

実は、マカオは治安も良くて住みやすい街なのです。

皆さん大金持ちというわけではありませんが、福祉などが充実しているのです。

 

そのため、マカオに住んでいる人たちにとっては「楽園」なのです。

しかし、外国人が多くなると、その「恩恵」を取られてしまう可能性が出てきます。

最初は、お金持ちの投資家であっても、ちょっとしたことで没落する話ってありますよね。

そんな人が増えては困るのでしょうね。

 

治安も良くて、住みやすい街がマカオです。

カジノやホテルがありますから、仕事にも不自由しません。

物価だってぜいたくを言わなければ、日本に比べると信じられないほど安いです。

よそ者に入り込まれたくないというのがマカオの人たちの本音なのです。

 

中国と隣接しているので、中国の一部だと考えている人も多いようですが違います。

香港同様に独立した自治区なのです。

中国のように荒れたような感じがある街ではありません。

ポルトガルの雰囲気を残した住みよい街なのです。

 

最近はシンガポールに人気を取られているとも言われますが、日本人にとっては身近です。

外国人にとって、マカオは大きなテーマパークです。

テーマパークは遊ぶ所であって住むところではありません。

 

自分が住んでいる場所は、自分のアイデンティティです。

結局、旅行目的に利用して遊び終わったら自分の住処に戻って、また仕事に励みましょう。



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください