最近元気がないマカオのカジノのデータ


 

マカオはカジノのおかげで国内経済が非常に潤っています。

その原因は中国からの観光客であることは間違いないでしょう。

 

 

 

しかし、中国の景気減速と政府の汚職撲滅が水を差しています。
最近は、一時期ほどの勢いがみられなくなってしまったのが最近のマカオです。

 

 

 

マカオの統計によると、2015年のカジノ収入は前月に比べて4割近くの減少です。

つい2年前の2013年は、中国人観光客の恩恵で2割アップだと言われていたのです。

 

 

 

今までの急成長にちょっと黄信号が点りかけています。

カジノという点では、マカオはシンガポールと競合しています。

 

 

 

シンガポールは年々カジノ収入が増加しています。

シンガポールのカジノは2つしかありませんが、人気は年々高まっています。

 

 

 

マカオもカジノ以外に世界遺産が多くて観光地としても人気があります。

しかし、シンガポールは国自体が一つのテーマパークと化しています。

今までは中国からの観光客が多かったため目立たなかっただけのようです。

 

 

 

 

マカオのカジノも負けてはおらず、シンガポール同様にホテルとカジノを一体化させています。

カジノで遊びたい人にとっては、シンガポールよりカジノの数が多いのは魅力的でしょう。

でも、カジノ以外の魅力がどうかと言われれば確かに見劣りします。

 

 

 

 

そんなことが、最近落ち目だと言われるマカオカジノのデータに出てくるのかもしれません。

とはいえ、シンガポールのような「人工的な」ケバケバしさがないマカオの街は魅力的です。

 

 

 

 

昔のポルトガル統治時代の町並みがきれいに残されています。

もうすこしこの伝統的な街並みをアピールすればいいのにと思います。

 

 

 

日本でも京都や奈良のように昔の町並みをアピールしている街があります。

特に京都は世界中から観光客が来てくれる大人気ぶりです。

 

 

 

カジノがなくても大人気なのですから、マカオなら更に人気が出るのではないでしょうか。

マカオファンとしては、シンガポールが大人気なのと比べ、ちょっと歯がゆい思いがします。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください