マカオのカジノは300年の歴史がある


マカオにカジノができた時期ってご存知ですか?

なんと300年前の事らしいです。

 

 

 

最初に賭博が始まったのはさらに遡ること300年、16世紀だと言われています。

マカオは「歴史的」なカジノの街なのです。

 

 

 

 

ちなみにマカオ地区が最初にできたのは、16世紀。

ポルトガル人が中国との貿易を始めるために来た地がマカオなのです。

 

 

 

 

要するに最初からカジノみたいな場所がマカオにはあったんですね。

でも、マカオのカジノは300年ほど前からずっと安泰だったわけではないようです。

 

 

 

 

現在こそ、マカオの行政的なサポートがありますが、戦争などで没落した時期もあったのです。

現在のように行政的なライセンスを得てカジノを始めたのは1930年です。

 

 

 

豪華なカジノホールや食事や飲み物の提供を始めたのもこの時期からです。

その後に競馬やドッグレース、更には日本のようなパチンコ屋さんまでできました。

 

 

 

カジノと一言では言い表せない「層の厚さ」がマカオの魅力でもあるのです。

カジノに歴史がありますから、このような独特な魅力が生まれるのです。

これはシンガポールが2つのカジノしかない点との違いです。

 

 

 

 

これは、シンガポールが「カジノは悪だ」と基本的に考えていることが原因です。

例えば、シンガポールの居住者がカジノで遊ぼうとすると「入場料」が必要です。

 

 

 

 

さすがにマカオではそのような事はありません。

これに対し、マカオはカジノの歴史があります。

 

 

 

カジノのおかげでマカオが潤い、雇用も維持されていることは誰もが知っています。

そのため、カジノに対する意識がシンガポールとは違います。

 

 

 

やはり、歴史が長いとカジノに対する意識も違うんですね。

マカオは、現在こそ香港同様に中国の特別行政区です。

でも、もともとはポルトガルだったんです。

 

 

 

 

街を歩けばポルトガル統治時の世界遺産が多く残っています。

カジノだけではないマカオの魅力です。

 

 

でも、その時代にもカジノはマカオに根付いていたのです。

マカオとカジノは切っても切れない深いつながりがあるのです。

 

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください