マカオより見劣りする韓国カジノのデータ


 

韓国には現在17か所のカジノがあります。
外国人用が16か所、韓国人用が1か所です。

 

 

 

カジノから得られる収入はマカオやシンガポールに比べると大きく見劣りします。

これは、マカオやシンガポールがカジノをアミューズメントパークにしているためです。

 

 

 

韓国のカジノはカジノだけなので後が続かないんですね。

私たちのようにカジノだけを目的として来る人ばかりではありません。

 

 

 

もちろん、韓国は観光としても競争力があります。

しかし、その人たちの多くは韓国料理やエステが目的です。

 

 

 

 

カジノにも興味を持つ人は少なくないようで、たまに一般フロアを見ると大盛況です。

でも、彼らの掛け金は「お小遣い」程度ですから、カジノにとっては割が悪いお客さんです。

 

 

 

 

どこのカジノでも、VIPルームでローリングチップを使ってもらわないと意味がないのです。

シンガポールはたった2か所で韓国の17か所の倍のカジノ収入があります。

 

 

 

 

シンガポールのカジノは、一般フロアーも大混雑なら、VIPルームも結構人が多いです。

 

アラブや中国の大金持ちがローリングチップを積み上げている光景をよく見ました。

 

 

 

 

あのような「タワー」を韓国で見ることはありません。

シンガポールも韓国同様に観光地として競争力があります。

 

 

 

しかし、数を絞っている割に、どちらのカジノもカジノ以外のお楽しみがギッシリです。

マカオのVIPルームは、中国の人が同様に遊んでますね。

 

 

 

 

マカオのカジノは歴史があるので「代々遊び続けている」家系もあるようです。
マカオのカジノは本場のラスベガスも追い抜いて世界一ですが、歴史の重みが違います。

 

 

 

どこの国もカジノを「金づる」としてみるだけではなく、観光客誘致の手段として考えています。

これに対し、韓国のカジノは税収確保を最優先にしているような観があります。

 

韓国の人も入ることができるカジノでは、汚職なども起きているそうです。

仕組みも含めて再考の必要があるのではないでしょうか。

 

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください