韓国の雇用情勢は格差が大きい


韓国で仕事をしている知人がいるので、韓国の景気が良くないことをよく聞きます。
とはいえ、大企業の正社員であれば、結構高レベルの給料をもらっているようです。

 

 

 

しかし、それは韓国特有の「受験競争」を勝ち抜いたソウル大学の卒業生の話です。

大学を卒業しても正社員として就職できない人が多いのは日本と同様です。

そのような人の最低賃金は時給換算で600円強です。

日本なら労基違反ものです。

 

 

 

 

 

でも、韓国の最低賃金を引き上げる様子はありません。

ただてさえ経済情勢が厳しいのに最低賃金を上げたら企業側から総スカンです。

 

 

 

支持率が必ずしも高くない今の政府にそんな度胸はありません。

東京より物価が低いと言われる韓国ですが、この時給では生活困窮者になります。

 

 

 

知人は現地で雇用をすることはないとのことです。

でも、取引先の会社で正社員とアルバイトの格差に愕然とするそうです。

 

 

 

正社員はスーパーコピーかもしれませんがロレックスを腕にはめて、パリッとした身なりだそうです。

しかし、同じような年代のアルバイトの方はヨレヨレの身なりで、顔に生気もないようなのです。

 

 

 

 

マカオやシンガポールでも同様ですが、カジノは多くの人が必要です。

観光地であれば、ホテルマンなども多く必要とされるでしょう。

 

 

 

 

マカオやシンガポールは観光立国としての意識が高いので、対応もしっかりしています。

シンガポールでは、カジノ解禁後にカジノで働く人の学校ができたと言います。

 

 

 

 

韓国でも同様で、閉鎖された炭鉱にできたカジノは雇用をかなり呼び寄せました。

給与水準がどの程度かはわかりませんが、最低賃金よりは高めだと思われます。

もともと、若い人が失望して街を後にしていた状態なので街としては大歓迎だったはずです。

 

 

 

 

しかし、同時に街の治安は悪化したようです。

マカオやシンガポールに比べて韓国の「カジノ管理」は甘いようだったのです。

他の過疎化した街より雇用は改善しても、マイナスの面も少なくないようです。

 

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください