カジノ合法化で韓国はどう変わったか



信頼できるカジノ仲間たちから教えてもらった数々のオンラインカジノの中からミスターS自身もプレイして、全く問題なく出金までできたオススメできる優良サイトばかりを厳選しました。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるカジノばかりです。

 ミスターSが実際に出金できた優良オンラインカジノ一覧を見る ≪こちらを今すぐクリック≫







韓国でカジノが合法化されたのは昭和61年です。
最初は諸外国同様に外国人しか利用できないものでした。

 

しかし、平成10年には過疎地域振興目的で韓国人も利用できるカジノを許可しました。

現在、韓国には韓国人利用可の1つのカジノを含めて17つのカジノがあります。外国人専用のカジノは、純粋に観光客誘致と税収アップを目的としています。

雇用も増えますから悪い話ではないでしょう。

 

 

しかし、韓国人も利用できるカジノは話が違います。

カジノの目的は、税収アップですが、その税収は海外からの資金流入が予定されています。

 

日本でも最近観光立国を目指していますが、海外のお金を日本に流入させたいからです。カジノの税金も外国人がカジノで遊んだお金の何割かを国がもらおうとするわけです。

もちろん、カジノを経営する会社も多くの利益を得ることができて、国に貢献するでしょう。

 

これに対し、韓国の人がカジノで遊ぶと韓国の中でお金がクルクル回るだけです。

韓国のカジノ売上の約半分は、韓国の人も利用できるカジノの売上です。もちろんこのカジノは外国人も利用できますが、その場所からしてほとんどいないでしょう。

つまり、カジノの税金の半分は国内のお金を新しくできた税金で吸い上げただけなのです。国は税金が増えるので悪いことではありません。

 

 

しかし、吸い上げられる韓国の人は貧乏になります。

フィリピンなどもありますがアジア圏でカジノを合法化している主な国はマカオ・シンガポール・韓国です。

 

 

この中で、マカオもシンガポールもカジノを原因として社会問題は大きくなっていません。

もちろん、この2つの国も全く問題がないわけではありません。

しかし、韓国の場合は社会問題化しており、マスメディアが大々的に取り上げています。雇用も税収も観光客も増加するありがたいカジノの合法化です。

 

にもかかわらず、今ひとつ韓国の人はカジノを歓迎していません。

日本でカジノを作ることは別にいいことですが、韓国の現状を反面教師とすべきでしょう。

 





日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。臨場感あるライブカジノだけでもすでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して選びました。

 ミスターSお勧めのオンラインカジノ一覧を見る




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください