寄港地でのエクスカーション(豪華客船)



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







 

豪華客船やクルーズ船のメリットの一つは、「動くホテル」だということ。

移動のたびに荷造りをしたり荷解きをする必要がないから、ゆったりと過ごすことができるんです。

 

しかも、船に乗ったまま目的地まで運んでくれるんですから、これほど至れり尽くせりな移動手段はありません。

クルーズ船の楽しみといえば、寄港地でのエクスカーションですよね。

 

 

私も世界一周のクルーズに参加したときには、船内新聞を読んで寄港地の情報をしっかりと仕入れるようにしています。

エクスカーションの寄港地は、必ずしもメジャーな港に停泊するわけではなく、日本ではあまり知られていない港の場合もあるので、周辺の観光情報なんかは、あらかじめクルーズ船のスタッフであるバトラーやコンシェルジュに聞いておきます。

 

 

多くの都市は海沿いに発展してきた歴史がありますから、寄港地からバスでちょっと行けばもう大都市、なんてことも珍しくはありません。

地中海クルーズならばイタリアの各都市を巡るエクスカーションがありますので、おすすめです。

寄港地として有名なイタリアの港といえば、リボルノ港。そこからバスでちょっと行けば、花の都フィレンツェがあります。

さらにちょっと足を伸ばせば、斜塔で有名なピサにも行けるんです。

 

ところで、船から降りると上層デッキだろうと下層デッキだろうと、エクスカーションで見る景色は特に変わりがありません。

私が上層デッキで滞在していても、ピサの斜塔がより傾いているなんてことはありませんからね。

 

 

でも、上層デッキと下層デッキにはそれ以外の違いがあるんです。

それは、バスです。

寄港地から目的地まではバスで行くのが一般的ですが、同じバスでも上層デッキのバスは定員が少ないんです。

定員が少ないから乗り心地がいいのはもちろんのこと、乗り降りにかかる時間も少ないから時間もより効率的に使えます。

定員が少なければ、誰かが集合時間に遅れる可能性もその分低くなりますので、やっぱり上層デッキは快適です。

 





日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。臨場感あるライブカジノだけでもすでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して選びました。

 ミスターSお勧めのオンラインカジノ一覧を見る




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください