【オーシャニア・クルーズ】スイートルームは争奪戦



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







 

クルーズ旅行を選ぶ際に、どの客室にするかは旅の充実度を左右する大きな要素ですよね。

普通のホテルですと、お得な客室とか安い客室から埋まっていくものなんでしょうが、クルーズ船に関してはグレードの高い客室から埋まっていくのです。

 

 

 

グレードの高い客室に宿泊することの多い私としても、客室争奪戦には絶対に負けられません。

例えば、「オーシャニア・クルーズ」の7泊8日クルーズの場合、最も安い客室カテゴリーですと1人1400ドル程度なのに対して、スイートルームは11000ドル以上はします。

 

 

 

 

それでもまず最初に埋まるのがスイートルームなんです。

クルーズ船の予約が始まると、世界中から予約が殺到します。

一定期間まででしたらキャンセル料はかかりませんので、とりあえず押さえておこうという人も多いかもしれませんけど、私は本気です。

 

 

 

 

インターネットや旅行代理店など、ありとあらゆるコネクションを使ってスイートルームをゲットしに行きます。

そもそも、スイートルームは他の客室よりも圧倒的に部屋数が少ないんです。

 

 

 

 

「オーシャニア・クルーズ」のクルーズ船は総客室数が600室程度あるのに、スイートルームは合計23部屋しかないんですから、それは争奪戦になりますよね。

 

 

 

 

でも、内側客室よりはスイートルームの方がいいですよね。

受けられるサービスだって違いますし、部屋の広さだって違います。

 

 

 

内側客室が16平方メートルと、ちょっとしたビジネスホテルくらいの広さなのに対して、客室スイートは最高で186平方メートルと、高級ホテルのスイートに負けない広さがあるんです。

 

 

 

 

しかも、バスやジャグジーもついているから、日本人にとってはたまりません。

高級な食事にサービスまでコミコミで11000ドルですから、まぁまぁかなと。

 

 

 

私も高級クラブで遊ぶんですが、それくらいの値段はしますから。

スイートが取れなければ仕方なくペントハウスにはしますが、スイートが取れたときにはそれはもう天にも昇る心地です。

どれだけ豪遊してやろうか、船に乗る前から想像は膨らみます。

 



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください