インドネシア航空のビジネスクラス


ビジネスの展開のため他のアジアの国に飛ぶことがあるんです。

行く時は大体がビジネスクラスなので、今回お話しするインドネシアのジャカルタ行きの便もビジネスクラスを利用しました。

正直言うと、2割が仕事であとの8割は遊びなんですけどね。。

 

 

 

 

冬の羽田から、常夏の国インドネシアに行くと想像しわくわくしていたせいか、搭乗前いつもの様にラウンジで白を2杯ほど頂きました。

その時とても疲れていたので搭乗したら早く寝てしまおうと思いましたが、あの便のCA達が可愛いせいで始めはあまり寝付けずにいました。

 

 

 

彼女にそんなことを言えば顔にビンタをされるのでここだけの話にしておきたいのですが、私多分東南アジアの女性の顔立ちが好きなのかもしれませんね。

だからなのか分かりませんが、出張にはアジアが多い。ほとんどがアジアです。

 

 

 

 

搭乗。

いつもの様にリクライニングの具合を確かめながら、ご飯のメニューを貰うのを待っていました。

ですが眠かったので少し寝ることに。

2時間ほど経ってからでしょうか、ちょうど可愛いインドネシア美人CAにモーニングタップを肩に頂いたあの瞬間が忘れられません。

 

 

 

 

最近空の上でインターネットを使える様になったのが本当に助かります。

その時も飛行機内のWi-Fiを使用しながらジャカルタにいる飲み友達に会う場所についてメール連絡をしていました。

 

 

 

 

 

インドネシア料理をディナーに頼み、出てきたグリルチキンを少し肉の付いた下顎を震わせながら頬張っていたのですが、勢い余って横にあるスープを足元にこぼしてしまいました。

何かをこぼすなど意外と潔癖性な私にとっては大事です、すぐにCAを呼び簡単な掃除をして頂きました。

 

 

 

 

近くの空いていた席に案内され、「Terima k asih」とインドネシア語で感謝を伝えました。

少し照れてしまいましたが、そんな私を見た彼女の笑顔はビジネススマイルなどではない純粋な笑顔そのものでした。。ああ可愛い。

 
無事にジャカルタに着き、講演会を含めた仕事も、遊びも全て現地を楽しめたのもインドネシア航空でのエアライフを楽しめたからかもしれません。また会いたいなあのCA!

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください