タイサイ(大小)の攻略法と簡単な遊び方


タイサイ(大小)は中国で発祥したゲームで、今ではアジアのみならず、世界で親しまれているダイスゲームの1つです。

アメリカやヨーロッパではシック・ボーとして根強い人気を誇っており、ルールが単純なためカジノ初心者でも気軽に参加できるゲームです。

 

 

特にマカオ・シンガポール・韓国ではタイサイ(大小)の人気が高く、その割に親しみやすいサイコロゲームとなっているので、これからカジノを嗜むという人には是非覚えておいていただきたいゲームの1つかなと思います。

 

 

ルールを簡単に説明すると、3個のサイコロを同時に振って出た目の合計を推理するゲームです。まず、3個のサイコロの合計数が「4」~「10」であれば、小となります。
さらに大きい数字「11」~「18」であれば大となります。要するにプレイヤーはその大・小に賭けるわけです。

 

しかしながら、そのどちらでもない数字が出現するケースがあります。3個のサイコロ全てが最少数である「1」のケース、つまり3。

 

 

また、同じように3個のサイコロ全てが最大数である「6」のケース、よって、3と18は先にも触れた大小どちらにも属さず、その場合はゾロ目といい、カジノ側の勝ちとなります。

 

さらにゾロ目は同じ数字が3つ出現した際にも適用され、2,3,4,5においても同一の数字が3個揃ってしまうとプレイヤーの負けとなってしまうんです。

(但し、ゾロ目に賭ければプレイヤーの勝ちとなるが、出現する確率は極めて低い)

 

 

一見プレイヤーサイドが不利と思われがちだが、大小で決着する率が高いことと、支払いの率が高めの設定となっているので、プレイヤーの勝つ確率も50%といわれてます。

 

 

仮にこのタイサイに攻略法があるならば、一定のリズムによる長期戦だけは避けたい。もし勝っていたとしてもどこかでゾロ目は出現するわけで「勝ってる時の引き際」が非常に重要視されるといえよう。

 

 

 

タイサイ(大小)の賭け方にはいろいろと種類がある。単純に偶数か奇数かに賭ける方法や、3個のサイコロの合計数に賭ける方法、出現した3個のサイコロの数字全てを当てる方法など賭け方のバリエーションはは富んでいる。

 

 

また、3個のサイコロではなく、2個や1個のサイコロに限定して出現した数字を当てる賭け方などもあり、基本的に勝ってる時間もあるというのがタイサイ(大小)の魅力でもあるので、「己を知る」ではないが、自分のバイオリズムを見極めながらの短期戦に持ち込むことがタイサイ攻略の最大の糸口といえますかね。

 

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください