デルタ空港のビジネスクラスでハワイ旅行


 

普段はあまり関わることのない親ですが、先週親を連れてハワイへ行ってきました。

母親がもう一度ハワイへ行きたいと遠い昔に行っていたのを思い出した途端に連絡。

次の週にでも行こうということになりました。

 

 

 

 

父親も母親も以前は飛行機に乗ることが多い職業をしていたのですが、5年ぶりに国内線に乗ることになったので少し嬉しそうな表情。

今回はデルタ空港のビジネスクラスでハワイまで三人で一っ飛びでした。

 

 

 

 

親と空港で落ち合う2時間前まで仕事でくたくたになっていた私ですから、デルタ航空のビュッフェで昼食を簡単に済ませ、あまり親とは喋らず搭乗したら即寝てしまおうと考えていたのですが、さすが私の両親。

 

 

私の彼女と同じくらいお喋りなくらいで、現地での旅行プランについての質問の嵐です。

ゲートを通りラウンジで少し音楽でも聴きながら白をゆっくり飲もうという私の考えなど無視し、ひたすらに会話を求めてきました。

仕事についても色々と聞いてきます。

 

 

 

 

「さすが親だなあ」と心の中で思いながらくたくたの体で搭乗。

すぐ近くに座る両親はそれまで以上に喋っていました。

二人が煩いので、渡されたスリッパにすぐ履き替え、フルリクライニングシートに寝転びすぐに寝てやりました笑

 

 

 

 

6時間くらい止まらず寝たのでしょうか。

その時にはあの煩かった両親も嘘のように寝ていて静かになっていたので少し安心しながら食事を注文しました。

ステーキを出してもらい空のディナーを頂きました。あの渋めの赤ワインが良かったですね。

 

 

 

 

 

デルタ航空の良いところはアメニティの可愛さですよね。

スリッパは結構おしゃれなネイビー(?)で自分の部屋でも使いたくなるようなものです。コーヒーに砂糖やミルクを混ぜる時に使うマドラーにはデルタのマークが可愛く入っていますし、アメニティポーチももちろん可愛い。

搭乗者達への心配りを感じられます。

両親に3日間ハワイを楽しんでもらうことが出来て嬉しかったです。たまにはこうやって親孝行しなきゃなってなります。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください