バカラの基本ルールと攻略要素(動画)


キングオブカジノとも言えるのが私の大好きなバカラです。

 

世界中どこのカジノにおいても、揺れ動く欲の集団心理が華やかにプロデュースされているのがこのバカラです。

特に、派手さを好む富裕層達からの支持が根強く、世界のカジノの頂点に君臨しているゲームです。

 

 

バカラはトランプゲームの一種ですが、プレイヤーの相手となるのが「バンカー」と呼ばれる店側となり、ゲームへの参加者となるのはこのバカラではプレイヤーではなく、その勝負を見届けているお客さんとなります。

 

 

 

よって、お客さんが不特定多数の賭け対象者へと変貌し、目の前で行われている『プレイヤー 対 バンカー』という勝負に集団心理も掻き立てられ、店側を相手にする勝負に賭けるという、なんとも粋な好カード演出となっているんですね。

 

 

 

世界中どこのカジノにおいてもバカラ人気は高く、その賑わいぶりから、まさに社交場の華として常にスポットライトを浴び続けているゲームなのです。

 

 

さて、バカラのルールはいたってシンプルです。

プレイヤー(ゲーム参加者ではない)とバンカーにそれぞれ2枚のカードが配られ、その合計数の下一1桁の数字がいかに「9」に近いかを競うゲームとなります。

 

 

ルール上「9」が最も強いとされる数字で、カードの合計数の下一桁が「9」に近い方が勝ちとなるわけだ。数字の数え方にもルールがあり「10、11、12、13」は全て「0」としてカウントされる。

 

 

つまり、10と絵札はすべて「0」になるということ。逆に、最強の「9」に対して、ゲームではこの「0」が最弱となってしまう。

例に例えると、プレイヤーが引いたカードが「3」と「12」だとすると、その合計数は「3」+「0」となるため、プレイヤーの合計数は「3」が適用される。

 

 

よって、相手のバンカーがプレイヤーに勝つためには「3」以上「9」未満の数字が必要となるわけだ。また、お互いが同じ「3」(同数)になった際には引き分けとなるのだが、バカラでは引き分けに賭けるという賭け方もある。

 

 

双方に最初に配られた2枚のカードにおいて、どちらかの数字が「8」「9」だった場合は、その時点で数字が「9」により近い方が勝ちとなり、どちらかではなくお互いの数字が「6」「7」の場合においても同様となる。

 

 

よって、3枚目のカードを引けるのは「5」以下だった場合に限る。また、配られた2枚のカードで勝負がつくだろうと予想する「スモール」という賭け方や、いや、勝負は3枚目のカードまでずれ込むだろうと予想する「ビッグ」という賭け方もあるので、バカラそのものにおいては配当金を手にする機会は多いといえよう。

 

 

 

バカラではハウスエッジ(控除率)が設定されており、約5%ほどがカジノ側の収益として徴収されます。それでも日本のパチンコなどに比べるとかわいいものです。
パチンコは機械、競馬は馬、競艇はボート、競輪は自転車というように、賭けの対象となるメインはほとんど人間ではありません。しかしながら、このバカラというゲームは第3者となる「人」対「人」の勝負に客観的に介入して賭けることが出来るのです。あのドキドキ感は、きっと「人」対「人」の真剣勝負だからなのでしょう。

 

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください