カジノ大国マカオの2009年頃の動画


マカオがどうやってカジノ大国になったか2009年頃の動画を見つけました。

その当時ですら、もはやラスベガスを抜いていたと言っています。


1999年の中国返還以降、カジノが急成長。

ディーラーはマカオの市民になる必要があるらしいです。

 

 

カジノが盛んになりすぎて、他の産業が衰退して、全人口の4分の1はカジノディーラーになるのではとまで言っています。

カジノスクールが国営で成り立っていて、志願者は5000人のうち750人のみ入校する。

妻がディーラー、夫がホテルのバス送迎、のようにカジノ関連だけで生計を立てている家族も多いわけです。

そこまでカジノには経済的にも依存力があるのか。

 

 

やはり、医療や出版や教育など国内の各分野では人材確保が限界に達しているとも。

なので国外からカジノ労働力を派遣させる方向性でいかないとならないとも言ってますね。

カジノはプレイヤーだけならず、運営側も大きな賭けなのかもしれない。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください