カジノ生活25年の作家・森巣博さんとバカラ


先日、『カジノ解体新書』という本を読みました。

その作者である森巣博さんという方は、海外のカジノで毎年稼ぎつづけて25年経っているという経歴の持ち主ということに興味を感じ、調べてみました。

 

海外を拠点に置いてカジノを回っている方で、奥様はイギリス人。

 

結婚後はロンドンに移住し、奥様は仕事で多忙な日々であり、家事育児は森巣さんの仕事。

その後、オーストラリアに移住し、息子さんの天才ぶりについて動画では紹介されています。

 

 

 

森巣さんの得意なギャンブルは、牌九(パイガオ)とかバカラのようです。

バカラは上級者みたいです。

 

 

 

牌九(パイガオ)とは、だいたいマカオなど中国圏のゲーミングですね。

専用の牌を使って、役を競います。

マカオのホテルだと、グランドエンペラー、グランドリスボア、ランカイフォンなどで見かけました。

 

 

 

彼が言っていることとして、

『博打とは、緊張、分裂、高揚、放出、解放、弛緩の過程を踏む。』

『慣れればならず、慣れてはならず。』

『博打に必要なのは、確信である。』

『根拠はいらない。信じるところから始まるのが博打なのだ。』

『バクチは怖い。だから面白いのだ。』

 

 

 

8回連続して勝ったということは、8回連続して負けうるということもあるのだ。

いや、経験上で言えばむしろ15回連続で負けるものでもあるのだ。

 

 

負けは受容しなければならない。

ついさっき体験した惨敗は受け入れるべきだ。

ギャンブラーとしてカジノで攻めるなら、負けは潔く受け入れるしか方法はない。

 

 

、と言われてます。

とりあえず、本は一晩中かけて読み終えましたね。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください