ラスベガスの水族館「シャーク リーフ」


ラスベガスというとカジノしか思いつかない人が多いようですが、そんなことはありません。

普段はマカオやシンガポールへ行くことが多くても、たまには違うところに行ってみたいものです。

そんな時にラスベガスはお勧めです。

 

 

 

カジノだけじゃなくてお楽しみの材料がいっぱいです。

一緒に行く彼女も飽きさせませんし、リピーターになってしまう魅力が満載です。

 

 

 

もともとラスベガスはアトラクションが多いところで、遊園地や水族館もあります。

水族館の「シャーク リーフ」は、文字通りサメなどの危険な生物がいっぱいです。

こんな水族館は日本にないでしょう。

 

 

 

場所が広いので一回りするだけで疲れてしまうほどですが、彼女は大喜びでした。

ちょっとスリルを味わいたいなら「ストラスフィア タワー」はいかがでしょうか。

ここからみる夜景は一見の価値があります。

 

 

 

 

でも、それ以上にアトラクションは半端ではありません。

スカイジャンプというバンジージャンプもあり、タワーからせり出すアトラクションもあります。

 

「エックス・スクリーム」というこのアトラクションは、地上250メーターで恐怖の体験ができます。

女性にはスパが魅力的でしょう。

 

 

 

彼女は、事前に調べたスパを「ハシゴ」していました。

ラスベガスで泊まったのは、ヴェネチアン リゾートホテル カジノです。

 

 

 

ここに決めたのは、彼女がキャニオン・ランチ・スパクラブに行きたいと言っていたからです。

カジノもあるので二つ返事でオッケーしたのですが、ここのスパは食事も最高です。

アメリカの料理は大味のものが多いと聞いていましたが、一気に意識が変わりました。

 

 

 

肝心のカジノは「アウェー」のためパッとしませんでした。

今までで一番負けたのではないかと思えるほどでした。

 

 

 

でも、楽しいアトラクションがいっぱいで「リベンジ」を考えてしまう今日この頃です。

でも12時間を超える長旅はちょっと辛いですね。

今回はビジネスクラスだったけど、次回行くならファーストクラスのほうがいいかなと思います。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください