カジノゲームを分類すると7種類


カジノの語源はイタリア語で「小さな家」を意味するそうだが、貴族の社交場、もしくは隠れ家的な風潮で世界に広まっていったカジノだが、現在ではさまざまなゲームが誕生し華やかなステージへと変貌している。

 

 

では、そんな近年のカジノの現場では実際にどういったゲームが親しまれているのでしょうか?

そのゲームの種類をザッと分類してみると、カジノゲームには「ルーレット系」「バカラ系」「カード系」「ダイス系」「チャイナ系」「マスゲーム系」「マシン系」というように7つの大まかな種類に分類される。

 

 

 

まずはルーレット系だが、ルーレットは歴史や伝統的な格式を重んじるヨーロッパカジノの主役である。

中でも「フレンチルーレット」は有名だが、その他にも「プール」「バントトロア」「ツイン」などの形式がある。

 

 

次にバカラ系だが、このバカラはアメリカ系とヨーロッパ系とに真っ二つに分かれる。

アメリカ系の代表格といえば「プント・バンコ」だろう。

とにかく即効勝負の醍醐味を味わえるバカラである。

 

 

また、ヨーロッパ系の代表格といえば「シュマンドフェール」だろう。

バンカーをプレイヤーが決めるという形式だ。

その他、ゲームを行うテーブルサイズがそれぞれ違う「ミニバカラ」や「バカラバンク」などがある。後にブラックジャックへとつながるバカラである。

 

 

 

カード系はご存知ブラックジャックやポーカーとなるが、古いゲームとして「トラン・エ・カラント」や「レッドドッグ」などがある。言うまでもないが、カードゲームの人気に陰りはない。

 

 

ダイス系と言えば「クラップス」だろう。皆で楽しめるサイコロゲームである。

「大小」という中国人ウケしているゲームもあるが、ダイス系は名の知れた名称というより、各地域でさまざまにアレンジを加え、いろんなルールを用いて楽しまれている。

 

 

チャイナ系といえば「ファンタン」や「パイゴウ(牌九)」だろう。近年ではマカオやフィリピンのみならず、世界中のカジノで中国人プレイヤーの姿が多くなってきている。

 

 

中国人ウケするために、店側もいろいろと改良を加えたり、経営のスタイルそのものを見直している店もある。

 

 

マスゲーム系の筆頭は、その中国が発祥とされている「キノ」だろう。カジノのゲームとしては珍しく、数多くのピンポン玉のような玉を使用するゲームである。

 

 

スポーツブック」と呼ばれる実際に行われているスポーツの試合の勝ち負けに賭けるという形式もあるが、キノやスポーツブックは、とりあえず賭けておいて、後から結果だけ知るといった、少々リアリティに欠ける感もある。

 

 

最後はマシン系だが、マシン系といえば「スロット」を置いて他にない。

スロットの種類もいろいろと豊富で人気もあいかわらずだが、残念なことに近年では店側の低コスト化が進んでおり、スロットの台数を減らし、テーブルの台数を増やすといった店が多くなっている。

 

 

それぞれのゲームは各地域によってルールが若干異なっている。基本的な部分は一緒だが、地域によって異なる微妙なルールを知るのと知らないとでは大違い。
ましてや、カジノでの「賭け」となると、ちょっとした知識が勝敗に直結してくるケースも多分に存在している。

楽しむためにはそれ相応の事前準備も必要である。

 

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください