海外の本場でカジノのハシゴ



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







マカオやシンガポールでカジノを楽しむことが多い私ですが、たまには嗜好を変えたいです。

そこで今回はモナコとニースにしようということになりました。


どちらにせよモナコに行くにはニースに降りるしかありません。しかも乗り換えが一度あります。

深夜の羽田からニースまで17時間近くかかりました。

彼女と二人で「くたくただね」とぼやきながらニースに降り立ちました。

 

 

でも、ニースは保養地だけあり気持ちがいい場所です。ホテルにチェックインして、ちょっと休み友人お勧めの「キャッスルヒル」へ行きました。

海の景色も街の景色も最高にきれいで、彼女と「来てよかったよね」と言い合いました。

長旅の疲れも吹き飛んだような感じです。


7時間の時差があるため頭はボーっとしています。こんな日にカジノはだめです。

現地のツアーに参加しつつ、市内を見て回りました。

夜まで頑張って起きていて、今日は早寝です。ホテルはカジノのあるハイアットにしました。

 

 

部屋からは見渡す限り海が広がっています。彼女も私も大感激でした。とはいえ、翌日起きたのは昼の12時。お昼ご飯を食べていざ出陣です。

ただ、マカオやシンガポールに比べると見劣りします。

やはりニースは保養地です。カジノは「おまけ」のようなものですね。

 

 

 

さて、次はモナコです。

チェックアウトの際タクシーを頼みました。30分程度で着きます。

ニースに比べると目移りするほどのにぎやかさです。

 

 

 

彼女がホテル・ド・パリに泊まりたいというので、ここで決めましたが何もかも豪華版です。

レストラン一つ見ても豪華絢爛という言葉がぴったりです。

一番印象に残っているのがアランデュカスの店で、前菜からデザートまで力を感じました。

肝心なカジノはさっぱりでした。


負けたというより、目移りしすぎてしまったのです。

一応事前に情報収集はしたのですが、カジノの数が多くてどこがいいか迷ってしまいました。

やはり、一つのカジノに決めてそこに通うのがベストの選択かもしれません。

 





日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。臨場感あるライブカジノだけでもすでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して選びました。

 ミスターSお勧めのオンラインカジノ一覧を見る




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください