海外カジノでの仲間・出会い方・友達作り


海外のカジノに行くと、新たな友達作りや出会い方も楽しみの一つですね。

シンガポールや韓国だと、日本人の旅行者や、カジノへ頻繁に行く方が多いので、出会いというか仲良くなれる確率は高いですね。

マカオやラスベガスだと、英語か中国語でも話せないとちょっと厳しいかもですね。

 

韓国のカジノは、日本人が多いので、例えば、同じ席に座りゲームし、当たれば喜んで同じ箇所へ賭けたりします。

みんなが同じ箇所へ賭け、当たると皆で一緒に喜んだりするので、そんな際に、ふと話しかけられる場合も多いですよ。

 

『君、どこから来たの?』

『やぁ、勝ってるかな?』

『ハハハ、調子はどうだい?』

『ここは良く来るの?』

などなど、ちょっとした一言から発展して、連絡先を交換して帰国してからご飯に行くこともあります。

英語とか中国語も覚えると会話が楽しめますよ。

 

 

カジノでは自分から声をかけても、だいたい相手は、返事してくれますね。

それだけ余裕のある人が多いんです。

ただ、見るからに恐そうな人へ声掛けるときは、必ず敬語で、その場のゲームの内容を軽く話しかけたい感じですね。


カジノでのチップの料(金額)を見て、ある程度は判断して、100万円以上ある場合は、だいたいみんな、

『社長!』

っと声をかけてます。そう言われて悪い気になる人はそうそういませんし。

 

 

あえて、名前や年齢などは聞いたりしてません。

仕事も何してるのとかは聞かない、というのが暗黙の了解なのかな・・・って思いますね。

ノリとか会話があえば、ゲーム終了時にお茶でもしよう!、とか発展することもあります。

 

 

私が見てきた感じでは、カジノへ行く人は、『カップル・夫婦・1人』で行く方が多いですね。

1人でいる方は常連だったり馴染み客と思われる人なら誘いやすいし、のってくれます。

 

 

というか、1人での男性は意外と多いです。私もフラッ~と1人で気軽に行くことありますけどね。

男というのは、寂しがり屋さんが多いので、見た目が恐そうであっても、意外に優しく接してくれる人もいますよ。

私が知らないことなど教えてくれたり、アドバイスをいただけたりもしました。

 

普通な感じで、優しそうな 年配の方々で、たまにビックリします。

ヤ●ザの親分さんや会長さんとおぼしき方々もいましたね。

お隣におられたときに、いつものノリで普通に話しかけた直後、護衛の人が後ろから来て・・・このときは相当ビックリしました(汗)

 

 

 

女性でも一人でいる方がいますが、ごく稀にですね。

だいたいは男連れです。

たまにいる女性へはその場では、話したりしますが、その場で終わりですね。

間違っても自分の部屋へお持ち帰りしよう、などとは考えないほうが良いです。

 

 

というか、海外カジノに1人で来られる女性、というのはさすがにあまり見たことは無いですし、相当の肝だと思いますよ。

チップ100万円以上あげないと無理でしょうね(笑)

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください