カジノの入場料・セキュリティ・スリについて



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







日本の競馬場や競艇場、競輪場は100円~300円ぐらい入場料取られますよね。

でも、カジノというのは、どこの国でも無料で入れます。

 

 

 

カジノは、賭けてもらうことで儲かるので、誰でも気軽にどこでも入れます。

でも、賭けれるのは、お金持ってる人か(当たり前ですが・・・笑)

 

 

一応、年齢制限はありますね。
18歳か21歳以上ですね。国によってだとか、ちょっと忘れましたが(汗)

 

 

 

 

セキュリティは、例えばマカオへ行くとセンサーがあり、かばんの中を見せて入店するカジノがあります。

大きなかばんは、預けなければなりません。

 

 

ラスベガスでは、センサーは無かったですね。
普通に、デパートやスーパーへ入店するような感覚でした。

 

 

フィリピンのマニラは、センサーありました。

 

 

韓国では、入口にカジノの警護が立っており、パスポートかカジノカードを見せて入店する感じです。
ちょっと面倒くさいです。

でも、これは何度も出入りしてると、顔パスで通してくれます。

 

 

 

モナコは、狭い入口で警備員とセンサーで結構なくらい厳重な感じでしたね。

カジノ内は、天井にカメラだらけですね。全部行動を見られてると思うと、鳥肌が立ちそうです。

 

 

 

紙幣へのセキュリティも、マカオだとかなり徹底してますね。

偽造紙幣ではないかのチェック!!

 

 

 

赤外線ライトを充て、1枚1枚を必ずチェックして、チップへチェンジしてくれます。

ライト充てると、紙幣のマークが光るんですよ。。。あれは初めて見ました。

 

 

 

スリは・・・これだけ通ってきましたが、今までカジノでスリなんて聞いたこと無いですね。

というか、スリなんかできないような気がします。

 

 

 

あちこちカメラだらけだし、警備員が隅々にいるし、入口は絶対にいるし、基本的にカジノ店内を信用してますしね。

スリするなら、堂々と台でチップ盗んだほうが早そうですね(汗)。

 

 



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください