カジノの入場料・セキュリティ・スリについて


日本の競馬場や競艇場、競輪場は100円~300円ぐらい入場料取られますよね。

でも、カジノというのは、どこの国でも無料で入れます。

 

 

 

カジノは、賭けてもらうことで儲かるので、誰でも気軽にどこでも入れます。

でも、賭けれるのは、お金持ってる人か(当たり前ですが・・・笑)

 

 

一応、年齢制限はありますね。
18歳か21歳以上ですね。国によってだとか、ちょっと忘れましたが(汗)

 

 

 

 

セキュリティは、例えばマカオへ行くとセンサーがあり、かばんの中を見せて入店するカジノがあります。

大きなかばんは、預けなければなりません。

 

 

ラスベガスでは、センサーは無かったですね。
普通に、デパートやスーパーへ入店するような感覚でした。

 

 

フィリピンのマニラは、センサーありました。

 

 

韓国では、入口にカジノの警護が立っており、パスポートかカジノカードを見せて入店する感じです。
ちょっと面倒くさいです。

でも、これは何度も出入りしてると、顔パスで通してくれます。

 

 

 

モナコは、狭い入口で警備員とセンサーで結構なくらい厳重な感じでしたね。

カジノ内は、天井にカメラだらけですね。全部行動を見られてると思うと、鳥肌が立ちそうです。

 

 

 

紙幣へのセキュリティも、マカオだとかなり徹底してますね。

偽造紙幣ではないかのチェック!!

 

 

 

赤外線ライトを充て、1枚1枚を必ずチェックして、チップへチェンジしてくれます。

ライト充てると、紙幣のマークが光るんですよ。。。あれは初めて見ました。

 

 

 

スリは・・・これだけ通ってきましたが、今までカジノでスリなんて聞いたこと無いですね。

というか、スリなんかできないような気がします。

 

 

 

あちこちカメラだらけだし、警備員が隅々にいるし、入口は絶対にいるし、基本的にカジノ店内を信用してますしね。

スリするなら、堂々と台でチップ盗んだほうが早そうですね(汗)。

 

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください