カジノで見た『変わった人・不思議な人』


私がラスベガスへ行ったときの事です。

カジノで外国人のおっちゃんが、黙々とバカラをしてました。

 

 

私は同じ台へすわり、おっちゃんを観察して、賭けるタイミングを見てました。

おっちゃんは、1000万円ほどのチップを手元に置き、30~50万円ずつ賭けて、当てたり外れたり。

 

 

 

5回ほど見て、試しに私は、おっちゃんの反対ばかりを賭けました。

不思議なことに、私は当たり、おっちゃんはハズレ。

おっちゃんがハズレたので、私はしばらく逆へ賭けようと思い、ずっと逆へ賭けることにしました。

 

 

 

おっちゃんは、ハズレても全くの無表情なんです。

私は、相手のことなど気にしないよう心がけて、するとおっちゃんは、15回連続ハズレ・・・それでも無表情

 

 

 

あんなに無表情で賭ける人は、かなり珍しいと思いました。

誰でも外れすぎたら、悔しさとか顔に出るし、声も出るものです。

それを無口で、無表情で。。。

 

 

 

カジノのディーラーも私を見て・・・あのおじさま、連続ハズレだね、という表情。

むしろ私も、こんなに連続で当たり続けたのは稀なことです。

私は自分では何も考えず、引き続き、おっちゃんの逆を賭けました。

 

 

 

おっちゃんは、35連続ぐらい外れ続けました。そしてチップは全て無くなり、退散しました。

 

 

退散する際も、ため息もつかずに、すーっと席を立ち去っていきました。

ある意味、紳士なんですが、お金があり過ぎて、1000万円負けても悔しくないかのようにも見えました。

 

 

 

でも、私は疑問でした。

どんなにお金持ちの人でも、お金というよりも、予想が当たらないことに腹を立てる方は普通にかなり多いので・・・

 

 

 

まぁ負け続けて、文句ばかり言う人や、ディーラーに八つ当たりしたりする人のほうがよく見かけますが、これは周りのことを考えると少し迷惑ですね。

気持ちは痛いほど分かるけど、グッと抑えて部屋に戻ってか、外へ出てから叫んでくれと思います。

 

もっとも、1000万円も負けたら私だったら、声を出す気力すら無くしてしまうと思いますがね。

 

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください