カジノ内でのお金の貸し借りと裏ワザ


カジノへ行き、持っていった資金を使い果たし、友達と一緒なら少し借りてプレーして、それでも更に負け、自分のクレジットカードでのキャッシングで更に負けるという場合もあります。

旅行の日程はまだあるのに(涙)

まだカジノしたいし。

 

 

カジノで何回も顔を合わせる人たちがたくさんいます。

所持金がスッテンテンになってしまうと、困ったなぁ~お金貸してもらおうかな~、などとも思ってきてしまうほどです。

とりあえず、笑顔で勝ってそうな人へ寄って行き、少しでいいから貸して!すぐ後で返すよ!、、、なんて言ったところでまず貸してくれません。

 

 

世の中そんなに甘くないです(笑)

グループでカジノに行ったとして、例えみんな顔見知りでも、日本国内で長い付き合いがないと貸さないですね。

それほど話したことが無い人に、100万200万とか誰も貸すはずが無いですね。

そこで、カジノでのお金に困った時の『裏ワザ』を幾つか教えます。

 

 

『カジノの裏ワザ その1』

例えば韓国なら、約200万以上の換金した領収書があれば、200万円の5%ほどにしかなりませんが、領収書を現地の人が換金での手数料を稼ぐため買い取ってくれる人がいます

 

でも、顔なじみや、紹介がないと誰も教えてくれませんが。。。

買い取ってくれて、その場で手数料くれます。

 

 

『カジノの裏ワザ その2』

1000万円ぐらいチェンジしてカジノへ挑む方しか無理ですが、カジノをする前に、日本マーケティングの事務所へ行き、VIPカードを作ってもらい、条件を聞きます。

更に、もし負けたときに いくらかサービスチップ貰えるか?っと尋ねます。

 

 

韓国だと、1割から2割なので、1000万だと、負けたら100万~200万円の、現金にはならない賭けないといけないだけのチップをくれます。

挽回のチャンスができますね。

 

(私のときは、100万円分でした)

※先に交渉することをお忘れなく・・・高額にはなりますが、負けたときの保険にあるだけでもマシですね。

 

 

カジノでは、お金を貸す、ということは、自分の運気も外へ出すという伝えなどがあるので、人にお金を貸さないというのはギャンブルの場では暗黙の了解ですね。

貸して!っとか言わないことが身のためですね。なかなか借りてまでプレーしても、そうそう取り戻せませんしね。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください