カジノでVIP待遇された話『ウィンラスベガス』


↑ ↑ ↑

ついにオンラインで「入出金の上限なし」「出金時間が業界最速2分」を実現されたカジノが現れました。
ライブバカラでは絞り(スクイーズ)のある唯一のカジノ、それがeldoah(エルドアカジノ)です。
言うまでもなく圧倒的な業界最高グレードにミスターSが招待します。

 ELDOAH(エルドアカジノ)で今だけ限定のキャンペーンを見る ≪こちらを今すぐクリック≫







10年前、初めてラスベガス入りした際の体験談です。

そのときの予算は500万円ほど持って行きました。

 

【ラスベガスの街並みやカジノ状況】

ラスベガスは、誰もが知ってるパラダイスな街で道沿いにカジノとホテルだらけのストリートがあります。

空港からはタクシーで15分ぐらいと近く、カジノの街のネオンを見ると本場に来たんだと興奮しきれない気分でした。

ラスベガスのカジノは、ゴージャス・広い・装飾がきれい、だと感じました。

壁も天井も華やかな造りで、日本では見れない光景でした。

 

 

カジノでは、主にスロットマシーンやポーカー、ブラックジャックのゲームが目立ち、私はバカラが好きなので、バカラのある場所を探すのに大変でした。

マカオと違ってラスベガスではあまり無いのです。

バカラは、アジア系の方々に人気が高く、勝率が高いゲームだと思います。

 

 

【ウィン ラスベガスでバカラ開始!】

まず、手始めに宿泊先である「ウィン ラスベガス」でバカラをしました。

最低賭け金が、500ドルでした。(約5万円)

とりあえず200万円をチップに換金し、いざ開始!!

ゲームをしてると、ウィンホテルの日本人対応のVIP担当の方が来て、私にVIPカードを作り、VIPになって下さいと来たので、言われるがままVIPになりました。

 

 

その日から、宿泊代は無料。食事も無料。エステ無料。帰りはロールスロイスでの送迎。とラッキーでした。

その日のゲーム結果はと言うと、6時間プレイし、

マイナス100万円・・・涙

ウィンは、場になじめませんでした。残念~

 

 

【2日目は他のカジノでもVIPに】

2日目は、ベネチアンやMGM、小さなカジノを含め、端から1時間ごとに一軒一軒カジノをして巡りました。

どこのカジノでもVIP待遇があるかのを聞き、VIPがある場所ではとりあえず300万円換金しVIPになり、カジノは少し遊ぶ程度にしました。

 

 

とりあえずのVIPだとしても、各ホテルでの ショーのチケット(S席)と、お食事券10万円分くれたのでラッキーです。

10万円分も食べれないよ~って感じでしたが、現金にはならないので頼めるだけ注文し満喫しました。

ショーも全て見ました。

カジノでゲームもしますが、やはり息抜きしながらゲームをする方が良いです。

 

 

【グランドキャニオン観光も行った】

3日目、4日目は、午前中カジノをし、午後からショッピング。

ヘリコプターでグランドキャニオン、ショー見て、エステして夜から朝までカジノして過ごしました。

 

 

結果、バカラがしやすいのは、ベネチアンとMGMが落ち着いてゲームしやすかったです。

カジノがあり過ぎて、歩くし疲れるしで、あちこちでの練習・様子見と思いカジノした結果、400万円の負けでした。

他の場所は、あちこち人が多くザワザワしてる場所だと、集中できないから思うように勝てません。

 

スロットマシンもたくさん置いてあって、一発逆転があるかな?っと思い、運試しで3万円しましたが少し当たる程度で、結果全て無くなりました。

帰国日は、ウィンでのロールスロイスで優雅に送ってもらい、そこそこ負けたけど、満足できた旅行で、今でも鮮明に覚えてますね。





日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。臨場感あるライブカジノだけでもすでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して選びました。

 ミスターSお勧めのオンラインカジノ一覧を見る




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください