シンガポールならホーカーセンターにはぜひ行ってください


シンガポールは色々な国の人達が暮らしているので自然と色々な食べ物を扱うレストランが増えていくのでしょう。

近所にあるホーカーセンターと呼ばれる小さな屋台のような店舗が集まった場所で子供の頃によく食べていたフードを懐かしい味として覚えているようです。

 

食材を買い揃えて暑い中、家で手間暇かけて料理をして食べるよりも、簡単に安く食べられるからでしょう。

シンガポールに100以上は点在するホーカーセンターの規模は様々ですが、大きな所に行けばシンガポールのローカルフードを気軽にお手頃価格で試せるのが何よりも魅力です。

衛星面が心配な人も安心して食べられるようにシンガポールでは衛生管理の基準を設け屋台毎にAからEランクに格付けされています。その表示を確認し、BまたはC以上の屋台であれば安心して選んで良いでしょう。

 


シンガポールで有名なホーカーは、幾つかあり大抵100以上もの屋台が店を構えています。
シンガポールと言えば一番有名なChicken Riceはもちろん、Chili Crab、Satay、HokkienMee、Bak Kut Teh、Prawn Noodle等々もちろんデザートも色々と選べます。

 

どれを選ぶか迷い、時に選ぶまでに30分位かかってしまうこともあります。
そんな時、目安となるのが長い行列。これはどこの国でも同じですね。

子連れの家族は多少騒いでも走り回っても外なので注意されることがあまりないのも気楽で良いですね。

 

ラッフルズプレイスというオフィス街にあるラオパサ(Lau Pa Sat)は、少しお値段高めですが2014年に改装して綺麗になり足を運びやすいホーカーの1つとなりました。


日本人パティシエのいるケーキ屋さんもあり、デザートにも事欠きません。夜はサテーとビールで乾杯し、少し涼しくなったらマリナベイエリアを散歩するのもお勧めです。

 

 

観光地から少し離れているので行きにくいかもしれませんが、シンガポールで一番古いOld Airpot Roadフードセンター。
その他、便利なロケーションと有名なチキンライスのお店があることで人気のあるMaxell Road Howker Centre、有名なTiong Bahru Marketにあるホーカーは綺麗で日本人在住者にも人気です。


もちろんホーカーだけでなく、高級レストランにホテルのハイティー、日本食が恋しくなれば日本食レストランもたくさんあります。
シンガポールの食べ歩きは最高ですよ。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください