『チャンギ空港』世界一の空港に4度輝いた



カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。
入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

 カジノを無料体験してみるならコチラ







旅行の度に訪れる場所、それは空港です。

シンガポールの玄関口となるチャンギ空港は1981年にオープンしました。

 
シンガポールが国際化に向けて歩みだした大きな第一歩となり、今では一日700以上のフライトを運行する東南アジアで重要な役割を果たす空港となりました。

 

 
空港と言えば、2-3時間前に行き、待ち時間をどうやって費やそうか考え何となく憂鬱になる場所でもあるのですが、チャンギ空港は違います。

 
子供も大人も行くのが楽しみになる空港なのです。
チャンギ空港は私の住むエリアからタクシーで10分から15分の場所にあり、旅行でなくても時にご飯を食べたり、暇つぶしに行く場所の1つでもあります。

 

 

 

空港は世界一の空港と称賛されるだけに、広々として清潔で空港ならではの忙しい感じがなくゆったりした時間を過ごせます。

 
どんな時間帯に行っても大抵待時間も短く、スムーズにチェックインしてパスポートコントロールを終えのんびりと過ごすことができるのです。

 

 

 

各ターミナルには、それぞれサボテンガーデン、オーキッドガーデン、バタフライガーデンなど癒しの空間も広がっています。
バタフライガーデンには約47種類1000匹の人懐っこい蝶が飛び回っています。ぜひ少し早目に空港に着き、行ってみることをお勧めします。

 

 

 

その他に、プール、スパ、映画館、お昼寝エリア、XboxやPlaystaionなどのゲームが楽しめたりと空港とは思えないエンターテイメント要素の強い素晴らしい空港です。

 

 

 

特に子連れには魅力のプレイエリアが各ターミナルにあり、子供達は飛行機に乗る前にひと暴れ出来、満足するようです。

 

 
その間、親はコーヒーを飲みながら無料のマッサージ椅子に座り子供の遊びを眺めることができます。

 

 

2017年には新たにターミナル4もオープンする予定があり、今後も更に進化する計画があるようで楽しみですね。

 



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください