マリーナベイサンズとセントーサ島の高級ホテルたち


rp_marina-bay-sands.jpg

今やシンガポールのアイコン的存在となったマリーナベイサンズには私も何度か宿泊しました。

一瞬目を疑うような変わった形のホテル、土地の値段も合わせると世界で一番高いカジノ施設だそうです。

 

 

3つのタワーはカードのデッキをイメージしてデザインされ、複雑な構造故に日本を初め各国の大手建設会社は受注を降りた
という話もあります。

 

 

そんな困難を経て、もちろん風水も意識して建てられたマリーナベイサンズの中身はと言うと、高級ブランドショッピングやカジノ、ガーデンバイザベイなどもあり、アート鑑賞や買物好きの家族にはお勧めのホテルです。

やはりシンガポールで一度は泊まってみたいと言われるNo.1のホテルで有ることは間違いないようです。

 

 

セントーサ – エクアリウス ホテル

 

あと、アクティブな人達にお勧めなのは、セントーサ島にあるリゾートワールド セントーサです。
セントーサ島は島と言っても本島から歩いても行けるような距離にあるエンターテイメント満載の島です。

 
アクセス方法は徒歩の他にケーブルカー、VIVOショッピングセンターから出ているモノレール、タクシーで行く。という4つの手段があります。

 
もちろん徒歩が一番安く、払うのは入島料1ドルのみ、次にモノレール3ドル、タクシー、ケーブルカーの順番です。

 

 

セントーサには幾つかホテルがありますが、余裕がある方ならシャングリラ ラサ セントーサがお勧めです。
シンガポールでは綺麗なビーチ、大人も子供も楽しめるプール、キッズクラブの充実など家族で一日ゆったりできるのが魅力です。
でも、セントーサに居てゆったりはやっぱり勿体ない。

 

 

USSを初め、世界最大級の水族館、水族館のお隣にあるアドベンチャーコーブ・ウォーターパーク、小学生低学年以下のお子様連れはコーブよりも海賊船をモチーフにしたPort Of Lost Wonderというウォーターパークがお勧めです。
溺れる心配もないので大人は少し離れた木陰で眺めることも出来ます。
まだ滞在に余裕がある人はLugeというハンドルのついたそりのような乗物でくねくねした坂を滑り降りるアトラクションも一押しです。

 

 

最後に、そのうち私も一度泊まってみたいと思っているホテルは水族館の中にあるホテルOceanSuitesです。
魚好きにはたまらない贅沢な空間が広がっているそうですよ。

 

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください