カジノ独特のルールと韓国


日本から一番近い国、韓国ならカジノを楽しむことができますよね。

ソウルに行ってもいいですし、済州島に行ってもいいですし、釜山に行ってもいいのです。


韓国ドラマでカジノの話を中心としたものが昔ありましたが、そのときの雰囲気を味わおうと思えば『済州島』に行ってみてもいいかもしれませんね。旅行で観光がてらカジノをして楽しむというのもいいかもしれません。

 

もちろん日本人は外国人ですので、入場料は無料です。中でのドリンクも飲み放題ですので、初心者の方でも中の雰囲気を楽しみながらちょっとティータイムとして楽しむこともできます。

 

 

アジアではあまり考えることのないチップ(心づけ)も、こういう時には少しスタッフに渡して心おきなく現場のカジノと言うものを楽しむことができるのです。

ゲームの種類としては、アメリカなどと比べると少し少ないものの、カジノと言う雰囲気を楽しみたいと思ってる方にとっては
韓国のカジノは本当に楽しめると思います。

 

また何といっても朝早くに韓国に行って、夜の最終便の飛行機で帰ってくるということも可能なんです。

競馬やパチンコに行く感覚と同じようにカジノが楽しめる距離なんですね。

お金を稼ぎに行くというよりも、カジノの場の雰囲気を楽しむという意味では韓国でも十分だと思います。

ただ、行く前にカジノ独特のルールというものを知っておかなければいけません。

 

 

前金を納めなければならなかったり、外国人であることの証明としてパスポートを提示しなければいけなかったり、またゲームによってはベットの最低の金額が決まっていたり、何時間以上は必ずいなければならないなどの制約がありますから、必ず行く場所にどのような制約があるのかと言うことを確認しておくべきですね。

 

 

でもこれは堅苦しく考えるのではなく、あくまでしっかりとルールを押さえておけばそこからは自由ということです。思いっきりカジノを楽しむためにすることだということです。

ルールを知るというのはエチケットみたいに考えるといいでしょう。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください