モナコのカジノ体験記(スーツ必須です)


カジノ発祥の地 『フランス モナコ』のカジノ体験記です。

ここは行かないと想像付かない場所でした。

 

 

もちろん私はカジノ目当てで行き、ホテルは直接安いとこ泊まろう、の勢いで行きました。

ホテルは、高いか安いかの極端な感じで、安いホテルでも1泊3万円。

高いホテル・・・モナコでは普通のホテル感覚 (1泊10万円)

 

 

まずは、カジノへ直行しました。

モンテカルロ(中心)へ行き、そのままカジノへ入れるかと思ったら、時間が決まってて、夜しか営業してないと言われ、しかもスーツでないと入れないと言われビックリしました。

24時間営業じゃないこととドレスコードが厳しいんです。

 

さすが、貴族の街だと思いました。品格が問われるのか~っと。

 

しかも、最低300万円は持参しないと、他のセレブがいたら恥なのかと思いました。

仕方なく、隣りのカジノへ行きましたが、好きなバカラがありません。

 

ヨーロッパは、ブラックジャック、ルーレット、ポーカーが多い感じでした。

少しだけ、ルーレットして当たらないので、スロットマシーンを少しして終了。

私的には、モナコでカジノは、駄目ですね・・・

 

 

高いホテルのレストランも、ほぼスーツでないと入店できません。料理も高いです。

結局、スーパーで食材を買って食べました。

それでもそこそこの価格で美味しいです。

 

港は、セレブのクルーザーが沢山あるのを見ると優雅な気分にもなりつつ、

私もセレブに成りたいと強く思いました。

中でもビックリしたのは、タクシーが全てベンツです。モナコ内ならどこまででも、一律2000円でした。

街が端から端まで歩いても、30分ぐらいの狭さなので。

 

 

モナコは、モナコレースがある街なので、外人の方はフェラーリのレンタカーでモンテカルロから一周ドライブをしてるのを見ました。

このレンタカー、1時間30万円ですよ!!

さすがの私でもちょっと引きました。。。

 

世界は、日本では考えられないような場所が沢山あるのだろ~っと。。。

ということで、モナコへ行く際は、下記が必需品です。

男・・・スーツ、靴、ネクタイ

女・・・ドレス、ヒール、かな。

それでも日本では考えられない非日常は十分満喫できますよ。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください