カジノの醍醐味は「テーブルに付くこと」


カジノ初心者の方だと、やはりカジノに来た限りは「テーブルに付く」という行為が1番の目標というか憧れではないでしょうか。

ドラマとかでもカジノのシーンが出てくると必ずこの場面が出てきますもんね。

知らない人にとってはテーブルに付くとはなんだろうか、これから食事が始まるのではないかと思う人がいるかもしれませんが、カジノの現場ではテーブルに付くというのは、これからお金持ちの人たちと混じって一緒にゲームを楽しむために、1つの席に着くと言うことです。この刺激がたまらないと思います。

 

もちろんテーブルに付くということは、バカラにせよブラックジャックにせよ、その前には必ずディーラーが存在するわけですから、このディーラーとのやりとりや他の人たちとの駆け引きなどが日本で一般的に言われるゲームとの違いで、緊張感が一気に高まる最高の瞬間です。

 

 

日本のゲームって、基本的に『相手が機械ばかり』ですよね。

ファミコン、スマホアプリ、パチンコ、など流行っている多くのものが機械相手です。

『相手も人間』というだけで全然違いますよ。

表情、しぐさ、汗、など一挙手一投足に熱が入りますからね。

 

このディーラーがいることで、カジノに来たんだ!という感じがしますし、高級感あふれる、いわばバーでのバーテンダーの似た感じがしませんか。

最初カジノに訪れた日本人は、この雰囲気に馴染めずやめてしまおうと思うものです。

ですので、たいていはディーラーのつかない、つまりテーブルではないようなゲームするものです。

 

 

スロットなどで小さいお金をチマチマ稼ぐようなことでまるで日本で言えばパチンコ屋さんにいってパチスロをしているような感覚でしょうね。それを楽しんでいる方もいます。

でも、やはり大切なのは本場でこのテーブルに付くということなんです。

勝った時のあの快感は最高ですし、これはあくまで私の意見ですが負けたとしても、すがすがしく負けを認められるというか、この感覚はまさしくテーブルについたものでないと分からないのではないかと思います。

 

 

ディーラーと対戦することこそが普通の単なるギャンブルとは違って、本場のギャンブルの凄さみたいなものを感じられる瞬間だと思いますね。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください