アメリカのギャンブル事情について


vegasu8437

アメリカのギャンブルといえばやはりカジノであるということは、別に特筆すべきことでは無いが、日本人が持っているギャンブルのイメージとは、また少し違った事情がアメリカにはある。

 

大富豪がラスベガス通い、そこで巨額のお金を落としていくというイメージがあるかもしれない。

もちろんそれは間違ってはいないが、それだけではカジノとしては存在しないのであろうし、単なるギャンブルの場と言うだけであれば、不景気の昨今で考えると斜陽産業になると言わざるを得ない。

 

 

 

しかし、アメリカのギャンブルは経済的な収入源として考えているところが多く、カジノは貴重な収入源となるので、経営に関してはかなり力を入れていると言える。

なので、ここは日本でいうゲームセンターなどのような気軽な娯楽の商業施設とは全く質が違うことに気づく。

 

 

 

アメリカはラスベガスが最も有名なのだが、別にここに限った訳では無い。

アメリカの至る所にカジノは存在する。この点からみても単なるギャンブルと言うだけではなく、1つの経済的収入源として存在する場所だと見ることができる。

 

なので、カジノに行ってお金をかける、そして儲ける、もしくは負ける、といった単純なことであっても、地方のカジノに行けば、それはそれで魅力あふれたものが存在する。

日本で言えば、全国各地に存在する地酒を飲みに行くようなものだ。

それぞれのカジノで出会う人々の質やその人たちの生活習慣なども少しずつ違うのも、非常に興味深いところだ。

 

賭ける金額が同じでも賭け方が違ったりする

ラスベガスでギャンブル楽しむ者たちは賭け事よりも場の雰囲気を大切にする傾向があるが、アメリカの地方のカジノに行けば、それこそギャンブルをするために通っているコアな人々をよく見かける。

 

 

 

それはギャンブルをしに来たというよりも、ここはまるで俺たちの集まる場所だと言うぐらい誇りを持っている人たちが多いように思える。

 

 

どこに行ったとしても、アメリカのギャンブルはとても派手であることには違いない。

しかしそれはハンバーガーを思いっきり食らいつくかのような豪快な賭け方であるが故に、見ているこちらとしても気持ちいいし、大きな気分になってかけたくなるのも否めないのだ。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。

他の方はコチラの記事も読まれています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください