コロナで世界のギャンブルは大きく変わる可能性が



信頼できるカジノ仲間たちから教えてもらった数々のオンラインカジノの中からミスターS自身もプレイして、全く問題なく出金までできたオススメできる優良サイトばかりを厳選しました。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるカジノばかりです。

 ミスターSが実際に出金できた優良オンラインカジノ一覧を見る ≪こちらを今すぐクリック≫







新型コロナウィルスのせいで世界中を旅するなんてこともできなくなり、いわゆるリア充や富裕層ですらコロナにビクビクしている日々です。

ダメージはそれほどではないのですが、ここのところは自分の会社のことで色々とやってました。

 

今までなら例えば東日本大震災のときなら日本から脱出するとか、ビジネスチャンスに投資するなどの友人もいたのですが、コロナばかりはどうにもならないですね。

ひたすら終息を待って、今は耐えるときです。

私は万が一、今回のようなケースが起こっても困らないように投資やリアルビジネスなどいくつもリスク分散していたので、減少したところを他で補填できています。

 

1つにしか依存してない人達がこういうときにピンチになっています。

1つの会社にぶらさがるしかないサラリーマンもそうですし、経営者でも1つの店や会社だけに全てを掛けていると潰れるリスクで精神的にも疲弊します。

 

さて、世界の現状を見るとカジノだってどこも閉鎖されてますし、おもいきり3密ですから真っ先に目をつけられます。

カジノとは基本的に外国人からお金を使ってもらう施設なので、入国規制がされてしまっては訪問してもらえず、潤うわけがないです。

1月2月でもオーストラリア、ラスベガス、マカオ、フランスなどあちこちどこもガラガラだったと聞きます。

日本でもコロナの報道ばかりなのでIR(統合型リゾート)の話なんて、もはやかき消されてますね。

 

 

コロナ影響の大きい日本のギャンブル業界を見てみると、競馬はせっかくのG1シーズンなのに無観客ばかりでシラけてますね。

目の前で馬たちが駆け回っていく臨場感と、仲間たちとのワイワイした時間を過ごすのが醍醐味だっただけにさぞつまらないものでしょう。

ただ、今までは安定していた収入源があったからこそ1つのレースに10万100万円を突っ込むことができていた層がコロナによる不安定化によって投資を渋り始めます。

カジノでも競馬でもギャンブルはほとんど太客がメイン客ですから、これらが戻ってくるのは経済が安定してくれるしかないんです。

 

パチンコ業界を見ても4月の禁煙と自粛規制で大打撃でしょうね。

自粛の中でも暇すぎてホールに出かけていって3万円負けた挙句にコロナに感染して帰宅、ではシャレにならない、とは言えギャンブラーはそんなリスクもお構いなしという脳ミソになっていがちですが。

潰れるホールが続出する未来が見えます。

戦後から持ち続けていた駅前の土地をついに手放すようになるのか。

麻薬に似たようなもので、自粛していた人達というのは焼かれた脳が冷めていくので、一度離れた客は戻ってこないものです。

 

雀荘なんかも営業はできていても客が来ず、新宿や渋谷など都心の駅前が多いのでテナント代が大きく響いてくる。とても経営なんてできたものじゃないと肌で感じます。

こうして見ると、ギャンブルってその多くが3密なんですよね。

カジノ、競馬、パチンコ。

麻雀ですら中国では雀卓を警察がハンマーで叩き割ってた動画があるくらいです。

1か所に多くの人が集まらないと成立してなかったんだなとシミジミ。

 

世の中は他人と合わずに自宅で時間を過ごすようになっているので、全てがオンラインに移行していくようになるでしょう。

買い物に外に出るのを恐れるので、どうしてもネットショップで済ますようになりますし、そのうちギャンブルも自宅でプレイするのが当たり前になると思います。

 





日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。臨場感あるライブカジノだけでもすでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して選びました。

 ミスターSお勧めのオンラインカジノ一覧を見る




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください